慶應の日吉電影節、12/15(火)と16(水)に中国の独立系映画2本上映とシンポ開催

横浜日吉新聞
「日吉電影節2015」のpスター

「日吉電影節2015」のポスター

慶應義塾大学の日吉電影節実行委員会は、2015年12月15日(火)と16日(水)の2日間にわたり、中国の独立系映画を2本上映するほか、上映作品の監督らを招いたシンポジウムを開きます。

日吉電影節は、2008年から「中国に対する理解の促進・中国語学習者の意欲向上」を目的に活動している学生団体で、中国・東アジア映画の話題作を毎年上映しています。

両日とも上映は16時30分から開始し、15日は『歓楽のポエム』(2011年、日本語字幕)の上映後、趙大勇(チャオ・ダーヨン)監督と、翌日上映作の監督である顧桃(グー・タオ)氏を招いた学術交流会が中国語のみで行われます。

翌16日は『オルグヤ、オルグヤ(敖魯古雅)』(2011年、日本語字幕)の上映後、前日登壇の両監督を含め、「中国インディペンデント映画祭」の中山大樹代表や、中国映画字幕翻訳業の水野衛子さん、慶應義塾大学経済学部の吉川龍生准教授の6人によるシンポジウム(日本語通訳あり)で予定されています。

場所は日吉キャンパス第4校舎B棟の「J19番」教室で、参加には事前申し込みの必要はありません。

【参考リンク】

日吉電影節2015の紹介

日吉電影節実行委員会の公式ブログ

・日吉キャンパス第4校舎B棟の案内と案内地図(下部)


グーグルからの配信による広告

カテゴリ別記事一覧