日仏合同映画を手掛けた諏訪敦彦監督、12/9(水)16時半から慶應日吉で講演

横浜日吉新聞
12月9日に行われる諏訪敦彦の講演会のチラシ

12月9日に行われる諏訪敦彦の講演会のチラシ

慶應義塾大学の外国語教育研究センターは、2015年12月9日(水)の16時30分から18時まで映画監督で東京芸術大学教授の諏訪敦彦(のぶひろ)さんによる「フランスで映画を撮ること~映画のことばについて」と題した講演会を行います。

諏訪監督は1997年のデビュー作「2/デュオ」でロッテルダム国際映画祭NETPAC(優秀アジア映画)賞をはじめとした複数の映画賞を受賞したことを皮切りに、1999年の「M/Other(マザー)」ではカンヌ国際映画祭国際批評家連盟賞をとるなど高い評価を得ています。また、「不完全なふたり」(2005年)や「ユキとニナ」(2009年)といった日仏合作映画を撮影していることでも知られています。

講演では、現地スタッフとの共同作業を重ねてきた諏訪監督の目線から「映画の国籍」について語られる予定です。会場は第4校舎の「J11教室」。入場は無料で、事前の申し込みも必要ありません。

【関連記事】
<慶應日吉>11/25(水)夜に諏訪敦彦監督を招き、デビュー作「2/デュオ」上映(2015年11月23日)

【参考リンク】

諏訪敦彦監督講演会「フランスで映画を撮ること~映画のことばについて」(慶應義塾大学外国語教育研究センター)

諏訪敦彦教授のプロフィール(東京造形大学時代のページ)


グーグル配信による広告と関連記事の紹介

カテゴリ別記事一覧