0~2歳児を小人数で保育、箕輪に「日吉チューリップルーム」9月に新設

横浜日吉新聞
横浜市による告知チラシのPDF版

横浜市による告知チラシのPDF版

日吉駅から近い箕輪1丁目に小規模保育施設の「日吉チューリップルーム」(仮称)が2015年9月1日に開設されます。場所はちょうどコーエー本社裏手あたりにあるマンション「グリーン・ヴュー小嶋」の101号室となっています。

「小規模保育」とは、0歳から2歳児までを少人数で保育する事業で、今年の4月から横浜市で新たに始まった取り組みです。
日吉では、日吉本町1丁目の横浜保育室「スターチス日吉保育園」が今年4月に小規模保育施設に転換。また、4月には大東建託子会社のケアパートナーが運営する「キッズパートナー日吉」が箕輪町1丁目に新設されています。

今回、9月に新設される日吉チューリップルームは、生後6カ月から2歳までの子ども8名を9月から受け入れるとのことです。申し込みは8月10日が締め切りとなっています。保育料は認可保育園などと同様に世帯の収入に応じて決まります。

日吉チューリップルームの運営会社は「GFB合同会社」という名になっており、これは川崎市宮前区で独自の保育所「チューリップルーム」を運営する塩沢節子氏が設立した会社のようです。

【参考リンク1】横浜市による小規模保育事業の紹介
【参考リンク2】川崎市宮前区のチューリップルーム
【地図】グーグルマップ(日吉駅東口から綱島街道経由で600m徒歩7分)

【その他の小規模保育施設】

スターチス日吉保育園(2015年4月に横浜保育室から転換)
キッズパートナー日吉(2015年4月新設)


カテゴリ別記事一覧