高齢者住宅

横浜日吉新聞

幸区北加瀬2丁目のJR社宅跡地で“多世代交流のまちづくり”をコンセプトに進められている再開発について、JR東日本横浜支社とジェイアール東日本都市開発は、エリアの名称を「コトニアガーデン新川崎」とし、60戸の賃貸住宅をはじ …

箕輪町計画

旧アピタ日吉店など3つの跡地を使った野村不動産による「(仮称)日吉箕輪町計画」について、最大で4000人規模の街になると想定していることがわかりました。今年(2016年)5月26日に行われた「第30回横浜市都市美対策審議 …

野村不動産と協力会社の株式会社フォーエバーサンクス(東京都港区)は、今月(2016年10月)14日(金)の19時から20時30分(予定)まで、慶應義塾大学日吉キャンパス内協生館の「藤原洋記念ホール」で、2回目となる「(仮 …

野村不動産と協力会社の株式会社フォーエバーサンクス(東京都港区)は、昨日(2016年8月22日)夜に慶應義塾大学日吉キャンパス内で、旧アピタ日吉店などの跡地再開発「(仮称)日吉箕輪町計画」についての住民向け説明会を開催。 …

昨日(2016年8月22日)夜に開かれた旧アピタ日吉店などの跡地再開発「(仮称)日吉箕輪町計画」についての住民向け説明会では、会場に集まった約300人の住民から次々と手が上がり、15人以上が事業主である野村不動産に質問し …

日吉箕輪町計画

野村不動産と協力会社の株式会社フォーエバーサンクス(東京都港区)は、2016年8月22日(月)の19時から20時30分(予定)まで、慶應義塾大学日吉キャンパス内協生館の「藤原洋記念ホール」で、旧アピタ日吉店などの跡地再開 …

そんぽの家S元住吉西

中原区井田2丁目の井田病院から徒歩5分程度の場所に来月(2016年8月)オープンを予定しているサービス付き高齢者向け住宅(通称「サ高住」)「Cアミーユ」(全60室)は、ブランド名を「そんぽの家S」とあらため、7月16日( …

JR東日本グループが幸区北加瀬2丁目の社宅跡地で進めている再開発計画では、賃貸住宅は2LDK(約55㎡)を中心とした60戸とし、商業施設の建物は2棟設ける計画であることが分かりました。川崎市に提出された環境影響評価の準備 …

学研グループの「ココファン」

日吉7丁目の日大高に近い倉庫跡地(宮前箕輪バス停近く)で計画されている「サービス付高齢者住宅」(サ高住)は、学研グループの「ココファン」となることがわかりました。ココファンは2010年から日吉本町4丁目で「ココファン日吉 …

新川崎駅から徒歩18分の幸区南加瀬2丁目にサービス付き高齢者向け住宅(通称「サ高住」)の「ココファン新川崎」が今年(2016年)8月にオープンします。ココファンは学研グループが運営するサ高住で、日吉本町4丁目でも「ココフ …

全60室のサービス付き高齢者向け住宅(通称「サ高住」)が中原区井田2丁目に建設されており、今年(2016年)8月にもオープンする予定です。 この「サ高住」は、損保ジャパン日本興亜グループの株式会社メッセージ(岡山市南区) …

日吉7丁目の東海道新幹線の高架橋に近い場所で「サ高住」と呼ばれるサービス付高齢者住宅の建設が進められていることがわかりました。ここは以前、産業用包装資材などを扱う会社の倉庫として使われており、最近になって取り壊されていま …