震災

横浜日吉新聞
p170311p001

東日本大震災の発生からきょう(2017年3月)11日(土)で6年目を迎えました。横浜市では、30年以内に震度6弱以上の揺れに見舞われる確率が78%と予測されており、いつ大きな地震が発生しても不思議ではない状況です。そんな …

港北区内には日吉・綱島・大倉山の3カ所に震度計が設置されており、地震発生時は数値が公開される(横浜市のページより)

このところ早朝に地震の発生が続いています。昨日(2016年11月22日)は福島県沖を震源とするマグニチュード7.4の大きな地震が発生し、日吉・綱島・高田でも震度2から3の揺れを記録しました。震度情報はテレビなどで発表され …

p161023p002

横浜市は地震発生時に火災の危険度が高い地域を対象に、「感震(かんしん)ブレーカー」の設置を促しています。今年(2016年)二度目となる補助金の受付が9月15日から始まっており、インターネットからの申し込みもできるようにな …

p160612p0010

30年以内に横浜市(市役所)で震度6弱以上の地震に見舞われる確率が81%であると算出されました。政府の地震調査研究推進本部が2016年1月1日時点での「全国地震動予測地図」を6月10日に発表したものです。 この予測地図を …

p160603p0005

慶應義塾大学大学院のシステムデザイン・マネジメント(SDM)研究科は、2016年6月5日(日)の13時から17時40分まで「地域と地域の新しい絆づくりのためのシンポジウム」と題したイベントを開きます。 首都圏をはじめとし …

感電ブレーカーのチラシ(経産省)

日吉本町4丁目と綱島西5丁目、高田東1・4丁目に住宅を持つみなさん、地震時に役立つ「感震ブレーカー」を設置しませんか?――。横浜市は今年も2016年5月16日(月)から6月15日(水)まで、対象地域内で住宅を新設するか、 …

写真は日吉台中の生徒が日吉本町駅で行った昨年の赤い羽根募金の様子(同中学校提供)

この街・日吉でも人ごとではない――今月(2016年4月)14日から続いている一連の「熊本地震」に対し、日吉の街でも支援の動きが出ています。日吉台中学校(日吉本町4)では、生徒会や各クラスの代表者からなる福祉委員会が中心と …

p160422p00007

川崎市は2016年4月19日に「徒歩帰宅支援マップ」を作成しPDF版でも公開を始めました。基本的には災害時に川崎市内間の帰宅支援を目的とした地図ですが、なかでも「南部エリア」版には、元住吉駅から日吉駅周辺の地図も掲載され …

川崎市直下型地震の震度予測地図(朝日新聞より)

2016年4月14日(木)から16日(土)にかけて大地震が熊本県で発生し、活断層が動いたことで他の地域にも波及するのではないかとの懸念が全国で広がっています。横浜や川崎市内には現在のところ「活断層は確認されていない」と言 …

「横浜市域活断層基礎調査」調査結果報告より

2016年4月14日(木)から16日(土)にかけて、熊本県から大分県にわたる地域で大地震が相次いで起きており、活断層の存在がクローズアップされていますが、現在のところ、横浜市内には「活断層は確認されていない」とされていま …