日吉複合開発

横浜日吉新聞
綱島街道の日吉側から見た計画地の景観予想図、当初より建物の色合いが変化している(景観審査部会への提出資料より)

後世に残るような街の景観を――。横浜市内のまちづくり計画を景観面から審査する市の「都市美対策審議会」内の景観審査部会(部会長・関和明関東学院大学教授)が昨日(2016年12月)26日に中区で開かれ、野村不動産が計画する「 …

p161227p0000

野村不動産は、箕輪町2丁目の旧アピタ日吉店など跡地再開発「日吉箕輪町計画(仮称)」で、計画地内の中央広場に面した部分に、小規模店舗やギャラリー、各種教室などに活用できるスペースを付加した「接地型住宅」を新たに設けて販売す …

p161218p002

アピタ日吉店に隣接する損保ジャパン日本興亜の「日吉センター」だった建物の解体(箕輪町2)が順調に進んでおり、(2016年12月)17日現在、横長のビルは真ん中部分だけ跡形もなくなり、綱島街道からは新川崎駅近くのタワービル …

p161130p000

綱島街道沿いの全域に暮らしに直結する商業施設を――。旧アピタ日吉店など3つの跡地を再開発する「(仮称)日吉箕輪町計画」について、開発事業者の野村不動産は、再開発地内に小型スーパーに加え、生鮮以外の小売店や生活雑貨店なども …

ひよしコラム

今月(2016年10月)は旧「アピタ日吉店」の跡地などを使った野村不動産による大型再開発「日吉箕輪町計画(仮称)」(箕輪町2)で、マンションなどの再開発に関する内容と、新小学校の建設についての説明会が相次いで開かれました …

第2回説明会の様子(読者提供)

なぜ横浜市の担当者がこの場にいないのか――。旧アピタ日吉店など3つの跡地を再開発する「(仮称)日吉箕輪町計画」について、開発事業者の野村不動産と協力会社の株式会社フォーエバーサンクス(東京都港区)が昨日(2016年10月 …

箕輪町計画

旧アピタ日吉店など3つの跡地を使った野村不動産による「(仮称)日吉箕輪町計画」について、最大で4000人規模の街になると想定していることがわかりました。今年(2016年)5月26日に行われた「第30回横浜市都市美対策審議 …

説明会の様子(読者提供)

野村不動産と協力会社の株式会社フォーエバーサンクス(東京都港区)は、今月(2016年10月)14日(金)の19時から20時30分(予定)まで、慶應義塾大学日吉キャンパス内協生館の「藤原洋記念ホール」で、2回目となる「(仮 …

p160925p0003

昨年(2015年)11月に閉店し、今年(2016年)6月から解体作業が行われてきた旧「アピタ日吉店」(箕輪町2)の建物が跡形もなくなっていました。 9月19日現在の写真では、建物の鉄筋やコンクリートなどの残骸のみが残って …

日吉箕輪町計画のマンションと商業施設(下部)のイメージ

野村不動産と協力会社の株式会社フォーエバーサンクス(東京都港区)は、昨日(2016年8月22日)夜に慶應義塾大学日吉キャンパス内で、旧アピタ日吉店などの跡地再開発「(仮称)日吉箕輪町計画」についての住民向け説明会を開催。 …

2016年8月22日夜に行われた住民説明会の様子(読者提供)

昨日(2016年8月22日)夜に開かれた旧アピタ日吉店などの跡地再開発「(仮称)日吉箕輪町計画」についての住民向け説明会では、会場に集まった約300人の住民から次々と手が上がり、15人以上が事業主である野村不動産に質問し …

p160818p0002

旧アピタ日吉店などの跡地を使った「日吉箕輪町計画(仮称)」(箕輪町2丁目)内に2020年4月の開校を予定する新小学校「日吉台小学校第二方面校(仮称)」について、校舎とグラウンド(運動場)の位置が当初案から変更される公算が …