日吉箕輪町計画

横浜日吉新聞

日吉と綱島での再開発が加速する引き金となった「相鉄・東急直通線」の開通が大幅に延期されることになり、「今から2年半後」だったのが一気に「6年以上先」の遠い話に変わってしまいました。 しかし、一度走り出してしまうともう後戻 …

野村不動産と協力会社の株式会社フォーエバーサンクス(東京都港区)は、昨日(2016年8月22日)夜に慶應義塾大学日吉キャンパス内で、旧アピタ日吉店などの跡地再開発「(仮称)日吉箕輪町計画」についての住民向け説明会を開催。 …

昨日(2016年8月22日)夜に開かれた旧アピタ日吉店などの跡地再開発「(仮称)日吉箕輪町計画」についての住民向け説明会では、会場に集まった約300人の住民から次々と手が上がり、15人以上が事業主である野村不動産に質問し …

旧アピタ日吉店などの跡地を使った「日吉箕輪町計画(仮称)」(箕輪町2丁目)内に2020年4月の開校を予定する新小学校「日吉台小学校第二方面校(仮称)」について、校舎とグラウンド(運動場)の位置が当初案から変更される公算が …

横浜市と港北区は、再開発が進む日吉と綱島の綱島街道沿いのエリアで、まちづくりや土地利用の方針を定めた「日吉綱島東部地区まちづくりビジョン」の策定準備を進めていることがわかりました。 今月(2016年8月)19日に当初案を …

ひよしコラム

何十年に一度あるかないかの日吉と綱島での再開発計画は、少しずつ輪郭が見え始めてきました。アピタ日吉店跡地などの「日吉箕輪町計画」と新綱島・綱島駅東口の再開発に関しては、具体的な内容こそ公表されていないものの、箕輪町はマン …

日吉箕輪町計画

野村不動産と協力会社の株式会社フォーエバーサンクス(東京都港区)は、2016年8月22日(月)の19時から20時30分(予定)まで、慶應義塾大学日吉キャンパス内協生館の「藤原洋記念ホール」で、旧アピタ日吉店などの跡地再開 …

今年(2016年)3月末で閉館した旧「アピタ日吉店」(箕輪町2)をはじめとした一帯で建物の解体工事が6月から始まります。解体されるのは、アピタ日吉店の建物をはじめ、野村総合研究所(NRI野村総研)のデータセンターと社員寮 …

ひよしコラム

日吉駅から綱島駅へ向かう綱島街道(東京丸子横浜線)を日吉駅東口から歩くと、右に相鉄・東急直通の鉄道新線の工事が行われ、左手では各所で再開発の動きが見られます。まさに「右を見ても、左を見ても工事中」という状態が数年は続くわ …

旧アピタ日吉店などの巨大跡地を使った「野村不動産日吉複合開発計画(仮称)」(箕輪町2丁目)内に建設が予定されている新小学校「日吉台小学校第二方面校(仮称)」について、設計事業者が吹き抜けの立体構造となった「メディアセンタ …

旧アピタ日吉店や損保ジャパン日本興亜の「日吉センター」、NRI野村総研の「日吉データセンター」など一連の跡地を活用した箕輪町2丁目での大規模再開発について、「野村不動産日吉複合開発計画(仮称)」という名が付けられるととも …