日吉台中学校

横浜日吉新聞
区内中学校では唯一、築50年以上の校舎を持つ日吉台中学校

横浜市教育委員会は、昭和40年代から50年代にかけて集中的に整備された市立小学校と中学校について、老朽化が進行していることから、2020年以降に順次全面建て替えを行う考えを示しました。 市ではこれまで、建物完成から70年 …

p161212p000

箕輪町2丁目に建設が予定されている新小学校「日吉台小学校第二方面校(仮称)」(2020年4月開校)について、通学区域や学校名などを検討する「開設準備部会」(部会長・小島清日吉連合町内会会長)の第2回会合がきのう(2016 …

p161201p006

今週末(2016年12月)3日(土)は綱島東小学校(綱島東3)と北綱島小学校(綱島西5)でそれぞれPTAの主催で冬のコンサートが体育館で行われます。 19回目を迎える「ふれあいコンサート」を同日13時から開く綱島東小では …

p161027p009

日吉台中学校(日吉本町4)のPTAは、今週(2016年10月)29日(土)に「台中生の今」と題した発表会イベントを開きます。 同中学校で活躍する演劇部や合唱部、吹奏楽部による発表が予定されており、場所は同中学校体育館で、 …

日吉スポーツ

日吉台中学校(日吉本町4)の卒業生からプロ野球選手が誕生しそうです。昨日(2016年10月20日)行われたプロ野球のドラフト会議で、立正大学4年生の黒木優太投手(1994年生まれ、22歳)がオリックスバファローズから2位 …

p161020p003

横浜市教育委員会は昨日(2016年10月19日)、2020年4月に箕輪町2丁目で開校を予定する新たな小学校「日吉台小学校第二方面校(仮称)」の説明会を日吉台小学校で開き、新小学校を卒業後に通う中学校の校区について、日吉台 …

p160831p0004

日吉の一部公立小中学校と認可保育所に長期間にわたり保管されている放射能濃度が高い廃棄物について、横浜市の放射線対策本部は新たな保管場所として鶴見区の「北部汚泥資源化センター」に決定したと2016年8月29日に発表しました …

「ハマ弁」のパンフレットより(パンフレットのPDF版はこちら)

横浜市内の一部中学校で2016年7月1日から開始された配達型弁当の「ハマ弁」について横浜市教育委員会は、11月から日吉台中学校(日吉本町4)と日吉台西中学校(日吉本町5)、高田中学校(高田町)でも開始すると発表しました。 …

学校内での汚染汚泥の保管状況(横浜市の資料より)

横浜市内の小中学校内に放射能濃度が高い「指定廃棄物」が5年以上も放置されている、と昨日(2016年6月)21日(火)付けの神奈川新聞が1面トップ記事と社会面トップ記事で報じました。ヤフー(Yahoo Japan!)ニュー …

日吉台小学校の正門と体育館

横浜市はこのほど、市が所有する約1460の公共建築物に関する耐震対策の状況を発表しました。このなかから、日吉・綱島・高田の防災拠点(避難所)となる小学校の体育館や校舎について、古い建物の耐震対策状況をまとめました。学校に …

綱島東小学校

日吉と綱島には横浜市立の2つの中学校と8つの小学校、1つの特別支援学校がありますが、各学校ではきょう2016年4月1日付で人事異動が行われています。5校で新しい副校長が着任するなど、約40名の先生が各校に着任します。一方 …

日吉新生活ガイド

ようこそ日吉へ――。今年(2016年)も日吉の街に多くの人が引っ越してきます。横浜日吉新聞ならではの新生活ガイド、第4回は日吉と綱島における公立小学校・中学校の「学区」についてまとめてみました。小中学生の子どもを持つ世帯 …