日吉丸の会

横浜日吉新聞

四半世紀にわたって日吉の自然を守り続ける活動を続けてきた「慶應義塾大学・日吉丸の会」の案内によって、「日吉キャンパス内の生きもの観察会」(日吉地区センター主催)が来月(2017年11月)4日(土)の午前中に行われます。 …

慶應義塾大学日吉キャンパス内に広がる広大な「森」を探索するツアーが今月(2017年9月)23日(土)の9時30分から12時まで開かれます。自然が目いっぱい残る“慶應の森”を散策しながら、生きものを観察するとともに、土砂崩 …

日吉駅に夏の訪れを告げるカブトムシが今年(2017年)も人気を集めています。東急地上改札外の自動改札機脇に、2014年の初めての実施から毎年、通算で4回目となるカブトムシの展示は、東急線内でもここだけ。子どもばかりでなく …

日吉駅発のウォーキングツアーも人気となりそうです。日吉駅側の日吉本町から下田町、高田エリアにかけての、約2.1キロメートルの長さの遊歩道の緑や自然を守る活動を行っているボランティア団体「松の川遊歩道(緑道)の会」は、23 …

いよいよ「港北オープンガーデン」(同運営委員会主催)の開催が迫ってきました。会期は今週末(2017年)4月21日(金)から23日(日)までの3日間、後半は5月12日(金)から5月14日(日)までの3日間(各日10時から1 …

今年(2017年)は過去最多の84会場、新規参加が15会場に――横浜市港北区のイベント「港北オープンガーデン」(同運営委員会)がいよいよ2017年4月21日(金)から23日(日)までの3日間、5月12日(金)から5月14 …

東急電鉄は2012年から行っている沿線の緑化活動「みど*リンク」アクションについて、2017年度の支援グループの募集を始めました。公募によって寄せられた地域の緑化活動に対し、同社が1グループ10万円から100万円相当の物 …

岸由二さん

鶴見川とその水系にある矢上川や早渕川に囲まれた日吉・綱島・高田など港北区の街では、川は時に水害を起こす“やっかい者”でありながらも、農業や舟運など、生活になくてはならない身近な存在でした。現在では川の持つ価値や怖さを見聞 …

日吉の自然環境を守る2つの団体が注目されています。1990年代初頭から活動する慶應義塾大学日吉キャンパスに拠点を置く「日吉丸の会」と、1980年代初頭から下田町・日吉本町エリアで活動する「松の川遊歩道(緑道)の会」です。 …

日吉丸の会

25年近くにわたって日吉の自然を守り続けてきた活動が国からも認められ、表彰されることになりました。慶應義塾大学日吉キャンパス内で雑木林の再生や湧水を利用した水辺の再生を行ってきた有志団体「慶應義塾大学・日吉丸の会」は、こ …

慶應義塾大学理工学部は、2015年12月10日(木)の18時15分から19時45分まで、日吉キャンパス内の第4校舎「J24番教室」で「流域思考と私の生き方」と題し、慶應大名誉教授でNPO鶴見川流域ネットワーキングなどの代 …

いよいよ師走も迫り、冬の足音を感じる季節となりましたが、そんな寂しさを吹き飛ばす子どもたちを対象としたイベント、日吉地区センター「子どもまつり」が12月5日(土)10時から13時30分まで同センター(日吉本町1)にて開催 …