日吉の歴史

横浜日吉新聞
ひよしコラム

約半世紀前に港北区の小学3年生に使われていた社会科の副読本「わたしたちの港北区」という資料がインターネット上に公開され、誰でも読めるようになっていることがわかりました。高度経済成長期に使われ始めたというこの資料集。今読む …

ひよしコラム

日吉での学食運営をきっかけに、綱島にあった松下通信工業の給食を担うなど現在はフードサービスの大手に育った企業や、なぜか大学内に寿司店をオープンさせた野球部ファンの主人など、慶應義塾大学日吉キャンパス内の学食の歴史をひも解 …

慶應大は下田町1丁目周辺に野球・サッカー・ラグビーのグラウンドを持っている

日吉本町から下田町にかけての日吉台に18ホールのゴルフコース建設計画があった――。そんな話が今月号(2017年1月)の港北区によるイベント情報紙「楽・遊・学(らくゆうがく)」に掲載されています。同紙の連載企画「シリーズわ …

p161201p000

東急電鉄は、2022年に百周年を迎えるに際し、これまでの歴史をまとめた「THE HISTORY(ザ・ヒストリー)」と題する特別ページを今年(2016年)4月から順次インターネット上で展開しています。このほど第4回目が公開 …

2016年9月25日(日)付け「神奈川新聞」の7面日曜版に掲載された「モノクロームのころ 写真が記録したまち」

昨日2016年9月25日(日)付け「神奈川新聞」の7面日曜版に60年以上前の日吉の古い写真5枚と、その頃の様子を伝える貴重な特集記事が掲載されています。 これは「モノクロームのころ 写真が記録したまち」というコーナーの第 …

ひよしコラム

先日(2016年5月4日)「日吉駅周辺は何もない山の中!自分の住んでいる場所の100年間が見える面白地図サイト」という記事でご紹介した「今昔マップ on the web」を使って、このゴールデンウィーク中に、明治から大正 …

p160508p000004

港北ボランティアガイドは2016年5月27日(金)午前に「日吉台付近に前方後円墳を探る」と題した歴史ウォーキングツアーを開きます。普段はじっくり見る機会が少ない日吉周辺の古墳の数々をめぐり、古代のロマンを身近で感じられる …

p160505p0004

日吉地区センター(日吉本町1)は、2016年6月13日(月)と20日(月)の2日間の日程で「日吉台地下壕(ごう)見学」に関する講演と見学会を行います。両日とも9時30分から12時までの開催で、2日間ともに参加できる人が対 …

p160504p0002

日吉駅の付近は何もない山の中だった――。東急東横線も慶應義塾大学の日吉キャンパスもない90年ほど前、今では信じられないほど、何もない場所であった日吉の中心部。そんな時代を感じられるサイトを見つけました。「今昔マップ on …

p160428p0008

川崎市幸区の幸市民館日吉分館(南加瀬1)で2003年から活動している「日吉郷土史会」は、2016年5月7日(土)から6月4日(土)まで毎週土曜日の10時から「日吉ミニ歴史講座」を行います。 日吉村の歴史や加瀬山にまつわる …

栗原さん

高田の街から自らの戦争体験を語り継ぎ、平和の大切さを訴え続けているのが横浜市の小学校校長だった栗原茂夫さん(高田西)です。81歳になった現在も精力的に講演をこなす一方、70代の半ばにインターネットでの発信方法を一から学習 …

p160328p00008

川崎市幸区の幸市民館日吉分館(南加瀬1)で2003年から活動している「日吉郷土史会」は、今年(2016年)も地元の歴史と文化を学ぶ講座「日吉の歴史を探る」が4月16日(土)から毎月第3土曜日の午後に月1回(8月は休み、1 …