新綱島駅

横浜日吉新聞

新綱島駅(仮称)の周辺再開発によって、駅周辺の人口が1200人規模に膨れ上がる計画となっていることがわかりました。今月(2017年11月)9日に新綱島駅周辺の土地区画整理事業について議論する「新綱島駅周辺地区土地区画整理 …

新綱島駅(仮称)の上部に建設する28階建ての再開発ビルは、2022年10月から2023年3月までに開通を予定する「相鉄・東急直通線」と同時に完成させる計画であることがわかりました。現在開会中の横浜市会で、市が事業スケジュ …

綱島駅東口では「(地権者によって)着実にまちづくりが進められている」――。きのう(2017年9月)8日(金)に始まった横浜市会の定例会で、林文子市長は相鉄・東急直通線の新綱島駅(仮称)や綱島駅東口のまちづくりについて、順 …

綱島SST(Tsunashimaサスティナブル・スマートタウン=綱島東4)に建設中のマンション「プラウド綱島SST」の1階に開設される保育所は、グローバルキッズによる定員17名の小規模保育所(小規模保育事業)となることが …

大綱橋に近い綱島東1丁目の綱島街道沿いに大手チェーンの出店が相次いでいます。コンビニやドラッグストアに続き、今度はイオン系のミニスーパー「まいばすけっと」が開店を計画していることがわかりました。同社の公式求人サイトによる …

綱島駅東口にある「綱島双葉葬儀社」の建物が解体される見通しです。駅前のバス通りに面して2棟ある2階建ての建築物は、すでに取り壊し作業が進んでいる様子です。 同地に本社を置く綱島双葉葬儀社は、駅前に並ぶ2つの建物のほか、裏 …

綱島東口駅前の駐車場や中華店「玻阿瑠(ぱある)」の跡地で東急不動産が建設中のマンションは、「ブランズ綱島」(綱島東2)を名称とし、新たに公式サイトも開設されました。今年(2017年)11月に販売を開始すると予告しています …

2023年3月末までに新横浜や綱島、日吉とつながる相模鉄道(相鉄)の沿線で開発や再開発が活発化しています。東京五輪前の2020年3月までの開通を予定する「JR直通線」もにらみ、都内各地へ直結するという相鉄創業以来の悲願を …

先月(2017年5月)末までの1年間に港北区では人口が2104人(1410世帯)増えており、増加人数のトップは571人(293世帯)増の「大豆戸町」でした。2位は「箕輪町2丁目」の401人(151世帯)増、3位は222人 …

綱島東1丁目の綱島交差点にコインパーキング「タイムズ綱島東第10」がこのほど(2017年5月)オープンしました。かつて綱島温泉街の繁栄を支えた「割烹旅館・入船」の敷地だったとみられる場所で、綱島エリアのタイムズとしては1 …

「あゆみBOOKS(ブックス)綱島店」(綱島東1)の跡地は、イオン系のウエルシア薬局が傘下におさめた「HAC(ハック)」ブランドの「綱島駅東口店」とし、6月上旬にオープンすることが公式サイトや求人情報紙「アイデム」に掲載 …

綱島の桃の花がいよいよ満開に――綱島で現在唯一、桃農家の歴史を継いでいる池谷(いけのや)家(綱島東1)の畑に植えられた桃の花が現在見頃を迎えています。 例年、桜(ソメイヨシノ)とほぼ同時期に開花するという綱島の桃の花は、 …

1 2 3 4 5 6 9