新綱島駅

横浜日吉新聞
ランキング

この一週間に読まれた記事のベスト10を紹介する「週間ランキング」。もっとも読まれた記事は昨年(2021)12月31日に公開した「新綱島駅『ホーム』は鶴見川を意識したデザイン、改札階で桃の歴史も表現」の記事でした。 新年第 …

1年以上先となる運賃値上げへ向けて異例の早さで申請が行われました。東急電鉄は1年2カ月後の来年(2023年)年3月に実施を計画する運賃改定について、先週(2022年)1月7日に国土交通省へ認可申請したことを発表しました。 …

鶴見川や桃の歴史を意識したデザインを用いる新綱島駅と、木目調のホーム天井が特徴的な新横浜駅の完成予想図が公開されました。 JRTT鉄道・運輸機構(横浜市中区)は、2022年度下期(10月~2023年3月)の開業に向けて建 …

新駅の駅名に続き、少し頭を悩ませる“宿題”が区民に出されました。港北区は東急新横浜線(相鉄・東急直通線)の新綱島駅で建設を進める文化・芸術活動拠点「港北区民文化センター(仮称)」について、施設の愛称案を来年(2022年) …

駅前にふさわしい土地の高度利用が十分に図られていない――。綱島駅東口の駅前再開発で、書面によって行われた「公聴会」時に寄せられた高層ビルを疑問視する2氏の意見に対し、横浜市都市整備局が今月(2021年)12月20日に市と …

綱島駅東口の駅前再開発で、横浜市都市整備局は都市計画決定手続きの「公聴会」を書面で行い、意見を表明した2氏の意見書面が今月(2021年)11月16日に公開されました。地上27階建てとする現計画の高層ビル建設について疑問視 …

ランキング

この一週間に読まれた記事のベスト10を紹介する「週間ランキング」。今月(2021年)11月12日(金)から18日(木)までの7日間に11万9875ページが表示されたなかで、もっとも読まれた記事は11月12日に公開した「新 …

これから先、初乗りで10円程度、10数%の運賃値上げを行う計画です。東急電鉄は、新型コロナウイルス禍を契機としたテレワークの定着で定期券利用者が大きく減り、今後もコロナ禍前の水準に戻ることが見込みづらいことから、運賃を値 …

現時点での最高価格は1億8290万円だといいます。東急株式会社(東京都渋谷区)は、東急新横浜線(相鉄・東急直通線)新綱島駅(2023年3月までに開業予定)の真上で建設中の地上29階・地下1階建てタワーマンション「ドレッセ …

新綱島駅と綱島駅からの定期券は同一駅として扱ってもらえるのか――。再開発自体とは若干関連の薄い質問にも答えています。横浜市は綱島駅東口の駅前再開発で、公開動画で行った“素案説明会”に対して寄せられた14項目の質問に対する …

新綱島駅の地上部に建てられているもう1つの民間ビルは、4階から12階を「シニア住宅」、下層階は「生活利便施設」とし、隣接する29階建て再開発ビル(ドレッセタワー)の「港北区区民文化センター」などが入る5階建ての「Nort …

綱島駅東口の駅前再開発に関する詳細な説明動画が公開されました。横浜市都市整備局は、都市計画を決定するための「素案説明会」に代わる動画を公開し、来月(2021年)10月6日(水)まで素案に対する「質問書」をインターネット上 …

1 2 3 4 5 6 17

カテゴリ別の記事一覧