地震

横浜日吉新聞
p170311p001

東日本大震災の発生からきょう(2017年3月)11日(土)で6年目を迎えました。横浜市では、30年以内に震度6弱以上の揺れに見舞われる確率が78%と予測されており、いつ大きな地震が発生しても不思議ではない状況です。そんな …

p170113p000

もし、東急東横線や目黒線に乗っている時に大きな地震が発生したり、雪や風などで悪天候になったりしたら、列車の運転はどうなってしまうのか――。 そんな素朴な疑問にQ&A形式で答えるA5版の小冊子「おしえて!東急線 悪天候や地 …

港北区内には日吉・綱島・大倉山の3カ所に震度計が設置されており、地震発生時は数値が公開される(横浜市のページより)

このところ早朝に地震の発生が続いています。昨日(2016年11月22日)は福島県沖を震源とするマグニチュード7.4の大きな地震が発生し、日吉・綱島・高田でも震度2から3の揺れを記録しました。震度情報はテレビなどで発表され …

p161031p0010

日吉町宮前自治会(日吉5~7丁目)などは2016年の防災訓練を11月3日(水・祝)に矢上小学校(日吉3)で行います。 当日は約300人が参加し、地域の防災拠点となる矢上小学校での避難者受け入れや誘導などのほか、煙や初期消 …

p161023p002

横浜市は地震発生時に火災の危険度が高い地域を対象に、「感震(かんしん)ブレーカー」の設置を促しています。今年(2016年)二度目となる補助金の受付が9月15日から始まっており、インターネットからの申し込みもできるようにな …

2016年4月から日吉町内会連合会の会長に就任した箕輪町町内会会長の小島清さん

4つの街を合わせて3万5000世帯・7万1500人が住む日吉。住民の自主組織として各地区に10以上の自治会や町内会があり、それらを束ねているのが「日吉地区連合町内会」です。この連合町内会で26年ぶりに会長が代わりました。 …

p160612p0010

30年以内に横浜市(市役所)で震度6弱以上の地震に見舞われる確率が81%であると算出されました。政府の地震調査研究推進本部が2016年1月1日時点での「全国地震動予測地図」を6月10日に発表したものです。 この予測地図を …

感電ブレーカーのチラシ(経産省)

日吉本町4丁目と綱島西5丁目、高田東1・4丁目に住宅を持つみなさん、地震時に役立つ「感震ブレーカー」を設置しませんか?――。横浜市は今年も2016年5月16日(月)から6月15日(水)まで、対象地域内で住宅を新設するか、 …

ハマッコトイレ

今月(2016年4月)14日から熊本県や大分県の一部で発生した一連の大地震では、4月25日現在でも4万8000人余が避難生活を余儀なくされています。長引く避難生活のなかで特に困るのがトイレです。地震で水道や電気が止まると …

p160422p00007

川崎市は2016年4月19日に「徒歩帰宅支援マップ」を作成しPDF版でも公開を始めました。基本的には災害時に川崎市内間の帰宅支援を目的とした地図ですが、なかでも「南部エリア」版には、元住吉駅から日吉駅周辺の地図も掲載され …

地盤の地震波増幅のイメージ(朝日新聞デジタル「表層地盤増幅率」の説明より)

われわれは地震発生時に揺れやすい地域に住んでいるようです。日吉や綱島、高田、日吉に隣接する幸区や中原区などの地域の地盤からはじき出した“揺れやすさ”を調べたところ、ほぼすべての地域で「場所によって揺れやすい」「揺れやすい …

川崎市直下型地震の震度予測地図(朝日新聞より)

2016年4月14日(木)から16日(土)にかけて大地震が熊本県で発生し、活断層が動いたことで他の地域にも波及するのではないかとの懸念が全国で広がっています。横浜や川崎市内には現在のところ「活断層は確認されていない」と言 …