14_慶応大学

横浜日吉新聞

慶應義塾大学日吉キャンパスや矢上キャンパスの情報をまとめています

この秋、期間限定で日吉駅の発車メロディが慶應義塾大学のカレッジソング「若き血」に変わります。東急東横線の90周年を記念した企画で、“陸の王者 慶應”の歌詞で知られるこの歌は、東横線が開通した1927(昭和2)年に学生の発 …

全てのシニアへ、日吉からタブレット端末の普及を目指す――学生起業家らの新たな挑戦が始動しました。慶應義塾大学や横浜国立大学の学生らが中心となって誕生したリノフト株式会社(日吉3・楠侑真代表取締役社長)は、IT機器操作を難 …

今年(2017年)の夏休みもプロから学べる“子ども向け体験講座”が慶應義塾大学日吉キャンパスで企画されています。協生館に本拠地を置く同大大学院経営管理研究科(慶應ビジネススクール=KBS)の学生らによる子ども向けイベント …

港北区は今月(2017年7月)から、大地震が起きた際の医療体制について、近隣の診療所などで医療を提供する形に変更しました。これまでは、「医療救護隊」が区内9つの小・中学校(城郷小学校、港北小学校、大綱中学校、綱島東小学校 …

日吉スポーツ

夏の甲子園を目指す99回目の神奈川大会は、港北区内では、第一シードの慶應義塾高校(塾高、日吉4)をはじめ、武相高校(仲手原2)と日本大学高校(箕輪町2)の私立3校が勝ち残り、あす21日(金)から順次4回戦の戦いが始まりま …

東京五輪が行われる2020年までは、日吉キャンパスの“顔”と、日吉の街では「春の風物詩」だった卒業式や入学式の賑わいも、しばらくの別れとなりそうです。 日吉駅東口(慶應側)から見て真正面に位置する慶應義塾大学日吉キャンパ …

日吉駅に夏の訪れを告げるカブトムシが今年(2017年)も人気を集めています。東急地上改札外の自動改札機脇に、2014年の初めての実施から毎年、通算で4回目となるカブトムシの展示は、東急線内でもここだけ。子どもばかりでなく …

スポーツデータを通じた未来型の教育などを実践するため、先月(2017年6月)1日に協定を結んだ港北区と慶應義塾大学日吉キャンパスを拠点とする同大大学院システムデザイン・マネジメント研究科(SDM研究科)。両者の取り組みの …

日吉2丁目の川崎市中原区との境界に近い位置に置かれていた学生寮「日吉インターナショナルハウス」が先月(2017年5月)初旬から解体が行われています。築60年を迎えた4棟の建物は9月までに取り壊され、その後の土地活用方法に …

何十万年もの地球の気候変動を保存していると言われる南極大陸やグリーンランドを覆う氷。分析すると何が見えてくるのでしょうか――。 慶應義塾大学の自然科学研究教育センターは、来月(2017年7月)4日(火)の夕方に日吉キャン …

「週刊少年ジャンプ」発の人気マンガ・アニメ「銀魂(ぎんたま)」と東急電鉄がコラボということで、日吉駅の“ギンダマ”も脚光を浴びています。 銀魂は2004年から空知英秋さんが同誌で連載を行っており、2006年からはテレビ東 …

小学生がラグビーの体験できる貴重な機会です。港北区内の小学4年生から6年生100人を対象に下田町1丁目の慶應義塾大学下田ラグビー場で来月(2017年7月)2日(日)の9時から10時30分まで「ラグビー体験会」が行われます …

1 2 3 4 5 6 21