04_公共施設

横浜日吉新聞

日吉・綱島・高田にある公的施設や公園などの情報をまとめています。

港北区内の幼稚園・保育園は全園掲載した“子育て世代”のバイブル書――特定非営利活動(NPO)法人びーのびーの(大倉山)が毎年発行している「幼稚園・保育園ガイド」の2017年度入園版が、いよいよ2016年5月26日(木)に …

綱島街道を安全に横断できる立体横断施設を推進する――。相模鉄道(相鉄)と東急線の相互直通新線で2019年4月に整備が予定される新綱島駅(仮称)と綱島駅東口の駅周辺再開発について、2016年3月15日(火)に綱島地区センタ …

新緑萌える5月、日吉周辺の街の薔薇(バラ)の花も目に鮮やかに――花と緑のまちづくりをテーマに掲げた横浜市港北区のイベント「港北オープンガーデン」は、2016年4月22日(金)から3日間行われ、多くの見学者で賑わいましたが …

障がい児の居場所を公的な施設だけでなく民間でも――障がい児が放課後を過ごしたり、治療と教育を合わせた「療育(りょういく)」を受けられたりする施設が相次ぎ日吉・綱島で新設されています。2012年から民間企業障害者自立支援法 …

政府が先月(2016年4月)28日に発表した「春の褒章(ほうしょう)」は全国で704人、神奈川県内では31人が受章しましたが、なんと、そこに日吉の住民が複数含まれていたことがわかりました。 褒章は社会や文化の発展に貢献し …

港北区はこのほど、区内のさまざまな専門知識や特技を持つ人をまとめた「まちの先生ガイド」の最新版をインターネット上でも公開しました。 この「まちの先生」には、手工芸や美術、暮らし、健康、ダンス、音楽、歴史、経営・法律など1 …

プロサッカー・Jリーグで横浜市と横須賀市をホームタウンとする「横浜F・マリノス」が、港北区との地域連携を加速させています。今年2016年1月に、横浜市西区のみなとみらい地区から本拠地を港北区新横浜に移転したことを機に、港 …

川崎市幸区の幸市民館日吉分館(南加瀬1)で2003年から活動している「日吉郷土史会」は、2016年5月7日(土)から6月4日(土)まで毎週土曜日の10時から「日吉ミニ歴史講座」を行います。 日吉村の歴史や加瀬山にまつわる …

今月(2016年4月)14日から熊本県や大分県の一部で発生した一連の大地震では、4月25日現在でも4万8000人余が避難生活を余儀なくされています。長引く避難生活のなかで特に困るのがトイレです。地震で水道や電気が止まると …

男性のさまざまな悩みは男性相談員に気軽に相談を――。川崎市は2016年4月27日(水)から男性相談員による「男性のための電話相談」を開始します。従来、こうした電話相談は女性の利用が多い傾向があるものの、男性は一人で抱え込 …

“市境”にある日吉の子育て世代の住民にとって朗報となりそうです。近年の保育所不足に対応するため、横浜市と川崎市は待機児童の解消に向けた協定を結び、両市の保育所を相互利用できるよう2014年秋から連携を進めています。その具 …

2016年4月14日(木)から16日(土)にかけて大地震が熊本県で発生し、活断層が動いたことで他の地域にも波及するのではないかとの懸念が全国で広がっています。横浜や川崎市内には現在のところ「活断層は確認されていない」と言 …