02_再開発/新建設

横浜日吉新聞

日吉・綱島・高田に関係する大型開発や新規建設などの情報を集めています。

鶴見川で橋の間隔が長い場所に新たな架橋を検討することを表明していた横浜市は、港北区の「新羽橋~新横浜大橋間」(2.2キロ)と、鶴見区の「末吉橋と新鶴見橋の間」(1.5キロ)の2カ所をあげ、2016(平成28)年度(201 …

慶應義塾大学日吉キャンパスの入口真正面に「建築計画のお知らせ」と題した白い工事告知看板が現れたのはご存知でしょうか。これは、同キャンパス内に校舎を置く慶應義塾高校(塾高)が新校舎を建設することを知らせるものです。 日吉キ …

JR横須賀線・新川崎駅周辺の再開発が今も続いています。日吉の高台や矢上川に近い場所から新川崎の方向をのぞむと、3つの高層タワーが見え、うち1棟が建設中である様子を眺めることができるでしょう。元住吉側を見れば武蔵小杉に林立 …

今年(2016年)9月の完成に向けて工事が進む大型マンション「プラウド日吉」(箕輪町2)の細い道路を1本挟んだ隣で、最近になって大きな工事を行っている様子が見られるようになりました。 これは、マンション「エンゼルハイム日 …

相模鉄道(相鉄)と東急線の相互直通新線工事で、新綱島駅(綱島東1)と箕輪町3丁目を結ぶ「綱島トンネル」(約1.1キロメートル)について、独立行政法人“鉄道建設・運輸施設整備支援機構”が運営する「神奈川東部方面線」の公式ホ …

日吉駅東口近くの「日吉台学生ハイツ」(箕輪町1、現在の正式名は「東京・スチューデントハウス日吉台」)では2016年3月20日(日)の閉館まで残り30日を切りました。900人以上いた入居者のうち、既に600人ほどが退去した …

パナソニックの工場跡地を使った「Tsunashima(綱島)サスティナブル・スマートタウン」(綱島SST、綱島東4)の予定地では、昨年(2015年)9月から建設が進められている米アップルの研究開発施設「テクニカル・デベロ …

綱島駅東口と新綱島駅(仮称)周辺の再開発計画について、横浜市の素案を説明する会が昨日(2016年2月16日)19時から綱島地区センター(綱島西1)の体育館で開かれました。当初用意されていた200席が足りなくほどの住民が詰 …

アピタ日吉店に隣接する損保ジャパン日本興亜の「日吉センター」内で、傘下企業が運営していた「日吉計上センター」(箕輪町2丁目)が昨日2016年2月15日限りで閉鎖し、業務を横浜市内に移していたことがわかりました。これで日吉 …

“横浜”と日吉・綱島や新吉田などの地区を分断する鶴見川。港北区や鶴見区、都筑区で橋の間隔が長い場所のいずれかに新たな橋を架けるべきではないかとの議論が浮上しています。横浜市は2016年度の予算で初めて調査費として300万 …

日吉5丁目の「日吉グリーンクロスゴルフ練習場」や「日吉こども園」の近くにあった西松建設の日吉寮(社宅)が取り壊され、慶應義塾大学の留学生と日本人学生が共に暮らす「日吉国際学生寮(仮称)」として2017年3月にオープンする …

横浜市の2016(平成28)年度予算では、新綱島駅(仮称)周辺地区の土地区画整理や市街地の再開発事業関連で約5億5000万円規模の予算が計上されていることがわかりました。 このほど発表された都市整備局による予算概要では、 …