日吉周辺の自然や街の景観を“護る”には~第3回「横浜日吉新聞」読者交流会を、11/11(土)17時より開催いたしました

横浜日吉新聞

日吉周辺の自然や街の景観を“護る”には~第3回「横浜日吉新聞」読者交流会を、11/11(土)17時より開催いたしました

30名を超える参加で会場はいっぱいに。岸由二さんの貴重な講演に、多く感嘆の声があがっていました

30名を超える参加で会場はいっぱいに。岸由二さんの貴重な講演に、多く感嘆の声があがっていました

いつも「横浜日吉新聞」をご覧いただきありがとうございます。一昨日2017年11月11日(土)夕刻より、第3回目となる読者交流会「日吉周辺の自然や街の景観を“護る”には」を開催いたしました。

今回は、「ボランティアをつなぐには」というテーマの下、小学生から70代までの34名が参加。時間の制約はあれど、ご予約いただきました全ての皆様にご来場いただき、また受付、会計などの運営面でも多く皆様の助けをいただきましての運営となりました。会の主旨にご賛同いただき、快くご支援くださいました皆様には、この場をもちまして厚く御礼申し上げます。

岸さんは、鶴見川とともに生きてきた自身の生涯の中で「自然環境の保全や防災といった課題について、行政区域にとどまらず、川の流域単位で解決を図っていこう」という考え方<流域思考>に基づき活動してきたこと、特に、地域防災におけるその考え方が必要であることについて実例を交え分かりやすく説明

岸さんは、鶴見川とともに生きてきた自身の生涯の中で「自然環境の保全や防災といった課題について、行政区域にとどまらず、川の流域単位で解決を図っていこう」という考え方<流域思考>に基づき活動してきたこと、特に、地域防災におけるその考え方が必要であることについて実例を交え分かりやすく説明

今回は、慶應義塾大学名誉教授でNPO法人鶴見川流域ネットワーキング代表理事の岸由二さんの講演のほか、同ネットワーキングの加盟団体である慶應義塾日吉丸の会、また地域に根差したボランティアが苦労しながらも歩みを続けてきたという日吉駅前花壇花ポケットによる活動紹介を実施。一般読者の皆様はじめ、自治会町内会の関係者や商工会、商店街や民間活動団体、公的業務に従事する人、学生団体代表、ベンチャー起業家など、多彩なメンバーによる自己紹介や歓談のひとときも好評いただきました。

これから日吉周辺の街、そして鶴見川流域に起こりうる大きな社会問題とも対峙(たいじ)しながら、より大きな「街づくり」に向けたボランティア活動それを支える人々の“共感”や“響き合い”といった連携も視野に、新たなつながりがまたここで誕生したことも、大きな収穫となりました。

岸さんのユーモアとスパイスの効いた語り口に、笑顔があふれるひとときも

岸さんのユーモアとスパイスの効いた語り口に、笑顔があふれるひとときも

当日は、時間も大幅にオーバーし19時40分での散会となりました。ご参加いただきました皆様におかれましては、本当に素晴らしい時間を共有くださり、心より、厚く御礼申し上げます。

これからもここで得た大切なつながりを、日吉近郊地域でのより良い街づくりに活かすために、今後の更なる活動の源泉とさせていただきたく思います。今後とも、より一層の「横浜日吉新聞」へのご支援、ご声援を、どうぞよろしくお願いいたします。

ご参加・ご協力をいただきました皆様、本当にありがとうございました。

 慶應義塾日吉丸の会によるプレゼンも実施。慶應の森や、東急電鉄「みど*リンク」アワード受賞、日吉駅のカブトムシのエピソードも展開

慶應義塾日吉丸の会によるプレゼンも実施。慶應の森や、東急電鉄「みど*リンク」アワード受賞、日吉駅のカブトムシのエピソードも展開

日吉駅前花壇花ポケットでは活動に参加するメンバーを募集中とのこと。会に昨年より協賛している空手道場「一武会」代表の杉澤一郎さん(最右)への感謝の言葉も

日吉駅前花壇花ポケットでは活動に参加するメンバーを募集中とのこと。会に昨年より協賛している空手道場「一武会」代表の杉澤一郎さん(最右)への感謝の言葉も

ホットな自己紹介タイムも。学生や若手起業家も参加し、会場が大いに盛り上がりました

ホットな自己紹介タイムも。学生や若手起業家も参加し、会場が大いに盛り上がりました

一般読者や地域を代表する街づくり関係者も多く参加し、多彩な交流が生まれました。一人ひとりは小さくても、未来に向けて大きなつながりとなります様。大変お忙しい中、多くのご参加ありがとうございました

一般読者や地域を代表する街づくり関係者も多く参加し、多彩な交流が生まれました。一人ひとりは小さくても、未来に向けて大きなつながりとなります様。大変お忙しい中、多くのご参加ありがとうございました

※ご参加の皆様※ イベントの終了にあたり、メールを送信させていただきました。BCCによる一括送信のため、迷惑メールフィルタに入る可能性もございますので、メール受信ボックスのご確認をお願いいたします。

2017年11月13日

一般社団法人 地域インターネット新聞社
代表理事 橋本志真子

【その他のお知らせはこちら