<港北区>新定義での「待機児童」は302人、横浜市内で圧倒的に最悪の状況は不変

横浜日吉新聞

横浜市は今年(2017年)10月1日現在の待機児童数について、港北区は302人と発表しました。これは市内18区で最悪の数字です。これまで実態が反映されていないとされてきた「待機児童」の定義をあらため、今回から育児休業中で復職の意思があるのに認可保育所へ入れない人の数が加えられています。

横浜市が“新定義”による「待機児童数」を初めて発表した結果、市内全体で1486人にのぼり、港北区の302人が2位鶴見区の185人を抜いて圧倒的な“トップ”となっていた(横浜市のニュースリリースより)

待機児童は、認可保育所や小規模保育所(小規模保育事業)を希望したのに入れなかった「保留児童数」のなかから、

  • 「横浜保育室」などに入所した児童
  • 親が育児休暇を取得している人
  • 特定の園などを希望する人
  • 特定保育所等のみの申込者など

を除いた数が待機児童と定義されており、今年4月1日現在の港北区内の待機児童数は、わずか「2人」という数字が出ていました。

今回の新定義では、育児休暇を取っているものの、復職する意思のある人のなかで認可保育所に入れなかった人の数を待機児童として含めたものです。

港北区内では新定義の待機児童だけでも300超の家庭で認可保育所に入れない状態で、保留児童全体で見ると946人にのぼっています。日吉や綱島エリアを中心に認可保育所を次々と新設されているものの、保留児童数は昨年同時期から12人しか減っていません。さらなる対策が迫られそうです。

【関連記事】

<相次ぐ再開発>ずっと足りない日吉・綱島の保育所、市内で唯一「重点整備地域」に(2017年10月19日)

希望する保育所に入れない「保留児童」は19人増の583人、日吉・綱島で重点整備へ(2017年4月27日)

港北区の「待機児童」はたった2人? 保育所で苦労する実態を覆い隠す“まやかしの数値”(2016年4月28日)

【参考リンク】

平成29年10月1日現在の保育所等利用待機児童数について(2017年12月1日、横浜市こども青少年局)


関連スポンサー広告(グーグルから配信)