<民間学童も拡充>朝日新聞社が「アサヒキッズ」1号店を樽町のNTTビル内に開設

横浜日吉新聞

アサヒキッズは綱島電話局だった樽町交差点近くの「NTT綱島ビル」1階で2018年4月にオープンする

朝日新聞社が学童保育事業に参入し、初の施設を樽町2丁目でオープンします。古くは“綱島電話局”として知られた「NTT東日本綱島ビル」の1階に「ASAHI KIDS.(アサヒキッズ)アフタースクール港北綱島校」として来年(2018年)4月に開設するもので、新聞社が経営する民間学童として、日本語の基礎学習などの習い事カリキュラムを充実させていくといいます。

学童保育は主に小学校低学年の児童が放課後を過ごす場として設けられている施設で、横浜市の場合は市と地域の団体や住民らで運営する「地域の学童保育(放課後児童クラブ)」と、民間企業による「民間学童」の2種類が存在します。

市などによる「地域の学童保育(放課後児童クラブ)」は放課後の“生活の場”として開設されている(横浜市の資料[PDF]より)

地域の学童保育は、対象とする近隣小学校の児童を“放課後の自宅”的に18時から19時ごろまで保育するのに対し、民間学童は広範囲の児童を対象として学習や運動などの習い事メニューを提供し、20時から21時ごろまで預かりを行うなど“塾に近い”のが特徴。

共働き世帯の増加で学童保育のニーズは年々高まっており、地域の学童は日吉・綱島・高田エリアだけでも8カ所が運営中で、来年(2018年)4月には綱島東4丁目に建設中の大型スーパー「(仮称)アピタテラス横浜綱島」内にも新設される予定です。

民間学童も、2010年4月に日吉駅近くの箕輪1丁目に東急グループ傘下の「キッズベースキャンプ日吉」が開設されたのを皮切りに、2016年には日吉本町駅に近い日吉本町3丁目に「トライアフタースクール日吉本町」(株式会社LOHAS運営)がオープン。同年7月には「荏田綱島線(日吉元石川線)」沿いの高田東1丁目に「キッズデュオ日吉」(やる気スイッチグループ運営)が進出しています。

朝日新聞社が運営する「朝日スポーツクラブ[BIG-S綱島]」は、ボウリング場などが入る「T-PLATZ(ティープラッツ)」の2階で15年前から営業。アサヒキッズとも提携する

今回、朝日新聞社がアサヒキッズを開設するのは、樽町交差点に近い旧電話局のビル1階で、綱島駅東口から徒歩8~9分、大曽根小学校からも8~9分の位置。同社は至近にある商業施設「T-PLATZ(ティープラッツ)」(ラウンドワンなどが営業するビル)で「朝日スポーツクラブ[BIG-S綱島]」を2002年のビルオープン時から営業しています。

朝日新聞社の企画事業本部は「スポーツクラブ会員のみなさまとの接点から、この地域の方々の教育への関心度の高さを実感しており、綱島エリアでのアフタースクールのニーズは高いと判断した」といい、1カ所目の進出地を樽町に定めたといいます。

アサヒキッズでは、朝日小学生新聞の「天声こども語」の書き取る日本語の基礎を学ぶ時間を設けたり、そろばんやアート、書道、ピアノ、プログラミングなどのカリキュラムを設け、最長22時までの預かりを行う予定。また、至近にある朝日スポーツクラブへの送迎も行うため、アフタースクールに通うなかで体育やダンス、バレエ、空手などを習うことも可能としています。

「ASAHI KIDS.(アサヒキッズ)アフタースクール港北綱島校」のロゴマーク(ニュースリリースより)

同スクールの経営は朝日新聞社が行い、実際の運営は目白や恵比寿、横浜市上大岡などで民間学童を展開する株式会社ウィズダムアカデミー(東京都豊島区)が担当します。

なお、アサヒキッズとして使われるNTT東日本綱島ビル1階部分(約90坪)のうち、3分の1程のスペースを使い、やる気スイッチグループによる幼児教室「チャイルド・アイズ」と英会話スクール「WinBe」が開設されるとのことです。

マンション建設により人口の増加傾向にある樽町で、旧電話局のビルは幼児と児童が集まるスポットとなりそうです。

【関連記事】

日吉・綱島・高田の「学童保育」は9カ所体制、2018年4月にアピタテラス内で新設も(2017年11月8日、「地域の学童保育」も年々拡充している)

【参考リンク】

朝日スポーツクラブ[BIG-S綱島]のキッズスクール(アサヒキッズと提携)

アサヒキッズアフタースクール港北綱島校がオープンを予定するNTT東日本綱島ビルの場所(グーグルマップ)


関連スポンサー広告(グーグルから配信)