思わず上りたくなる? 東急日吉駅に「健康階段」と「ラグビー階段」を設置

横浜日吉新聞

東急日吉駅に思わず上りたくなる階段が出現!?――。港北区役所は東急電鉄と慶應義塾大学の協力を得て、あす(2017年11月)1日(水)から約2年間にわたり、駅構内の階段計4カ所に「健康階段」と「ラグビー階段」を設置すると発表しました。

区内の名所紹介とともに上った階段に応じて消費カロリー表示もある(港北区のニュースリリースより)

3カ所に設けられる健康階段では、健康づくりのきっかけとなるよう、日吉駅周辺の見どころの写真や健康標語、さらには1段目からの消費カロリーを階段を上っている時に見えるよう掲出。

1カ所に設置されるラグビー階段では、港北区内の日産スタジアムが会場となる2019年の「ラグビーワールドカップ(W杯)」を盛り上げるため、慶應大のラグビー(蹴球)部やラグビー日本代表戦などの様子を写真で紹介するといいます。

上る時にしか“絵”が見えない両階段。各ホームの渋谷寄りにある上りエスカレーターから利用者を奪えるでしょうか。

【関連記事】

この秋、期間限定で日吉駅の発車メロディが“陸の王者・慶應”の「若き血」に(2017年8月19日、10月中に実施)

【参考リンク】

東急線日吉駅にのぼりたくなる「健康階段」「ラグビー階段」が登場!(2017年10月27日、港北区福祉保健課)

東急日吉駅の案内図(東急電鉄)


関連スポンサー広告(グーグルから配信)