<週間ランキング>「アピタテラス」の開店時期や綱島での不審火連続の記事が読まれる

横浜日吉新聞
週間ランキング

週間ランキングこの一週間の間に読まれた記事のベスト10を紹介する「週間ランキング」。今月(2017年9月)2日(土)から8日(金)までの7日間で計20万9,994ページが表示されたなかで、もっとも読まれた記事は、少し前の5月31日に公開した「樽町中近くの洋菓子工場と直売店アルベリ、『万策尽きて苦渋の選択』と閉鎖」の記事でした。大手新聞社にアルベリに関する記事が報じられたことに伴い、再度読まれることになりました。

読まれた記事のベスト10は以下の通りです。カッコ内は表示回数(ページビュー=PV)と記事公開日。

  1. 樽町中近くの洋菓子工場と直売店アルベリ、「万策尽きて苦渋の選択」と閉鎖(10,887、5月31日)
    → 日本経済新聞が9月6日(水)付けの電子版で「これが1社依存のこわさ 横浜・老舗菓子会社が破産」とのタイトルでアルベリが倒産に至った経緯や、そこから見えてきた経営に関する教訓を特集しました。その影響で検索する人が多く、こちらの記事も大量に読まれたものです
  2. <説明会でユニー表明>綱島SST「アピタテラス」オープンは2018年3月末が目標(7,138、9月4日)
    → 先週土曜日に綱島で行われた説明会で住民の質問にユニーが答えたものです。ちなみに現在までに表へ名前が出てきたテナントには、ネイルサロンチェーンと子供向けプログラミング教室があります。テナントについては、動きが見えてきた段階で記事にしたいと考えています
  3. 【警戒】綱島西2と3、綱島東3で「不審火」連続3件、昨年末から周辺で相次ぎ発生中(5,217、9月2日)
    → 今年の初めごろは綱島公園内での犯行が中心でしたが、ついに建物の周辺にまでエスカレートしてきました。もし同一犯だとしたら腹立たしい限りです
  4. 大塚製靴の2017年9月「ファミリーセール」、閉鎖予定の日吉工場で9/8(金)・9(土)に(3,758、9月5日)
    → いつも身近にあった「ファミリーセール」も10月と11月の残り2回だけ。寂しくなります
  5. 婚約発表で盛り上がる大倉山商店街、老舗和菓子店やドーナツ店で祝賀商品の販売も(3,705、9月7日)
    → かつて大倉山の幼稚園へ通い、今も日々大倉山駅から都内へ通勤しているという小室圭さん。まさに地元ということで大きく盛り上がっています
  6. 綱島SSTの「アピタ」開店は来年春頃か、売場やテナントの全面見直しで遅れ(2,501、5月15日)
    → 久しぶりの登場記事、アピタテラスの開業時期が見えてきたことで、関連して読まれたようです
  7. 東横線から秩父への「夜行列車ツアー」第2弾は11/10(金)、元住吉駅に初停車(2,405、9月1日)
    → 2週連続でランキング登場。西武鉄道では2015年からこうした夜行列車ツアーを始めたそうです。ほかにも東武鉄道が日光方面への夜行列車も定期的に運転していますので、東横線発・中目黒・日比谷線・北千住経由・日光行(会津方面も可能)なんて夜行列車もあれば面白いと思ったり・・・
  8. <機構が公表>相鉄・東急直通の進捗率30%、新綱島の軟弱地盤や地下雨水管に苦戦(2,298、2016年12月4日)
    → ずいぶん前に公開した記事ですが、1人の方がツイッターで紹介したことを発端に再び多く読まれました。何度もトンネルを掘ってきたプロでさえ、地盤は「掘ってみなければわからない」と言っているほどですので、地下の工事がいかに難しいかがわかります
  9. 綱島SSTアピタ至近・箕輪町2の工場跡、野村不動産が2019年夏までに7階建て58戸(2,098、9月8日)
    → 同じ町内には野村不動産の「プラウド日吉」、すぐ近隣には「プラウド綱島SST」と「プラウド綱島」もありますので、どんな名前にするのでしょうか。やはり「プラウド日吉箕輪町」あたりでしょうか。旧アピタなど一連の跡地(箕輪2丁目)における巨大開発も計画されているので、これから箕輪町の名がより有名になっていくかもしれません
  10. <週間ランキング>ユニー・ドンキの協業や、日吉東急へ和洋菓子2店出店の記事が人気(1,906、9月3日)
    → ランキング記事が多く読まれることはうれしい限りです。記事には書けなかったことも、ここではなるだけ書いていきたいと思います

関連スポンサー広告(グーグルから配信)