アピタ跡地の再開発を考える第2回集会、元国立市長の上原さん招き9/9(土)夜に

横浜日吉新聞

箕輪町2丁目と周辺の住民らでつくる「住みよい綱島・箕輪・日吉のまちを考える会」(木間誠司代表)は、先月(2017年7月)9日に日吉で行った1回目の住民集会に続き、第2回を来月(2017年9月)9日(土)18時30分から港北公会堂(大倉山駅徒歩7分)の第一会議室で、ゲストに元東京都国立市長の上原公子さんを招いて行います。

「住みよい綱島・箕輪・日吉のまちを考える会」が9月9日(土)に行う住民集会のチラシ

同会は旧アピタ日吉店(箕輪町2丁目)など一連跡地の再開発について、高さ60メートル(20階建て)を含めた計画となっていることから「まち壊しの都市計画案」(同会)として反対姿勢を強めています。

今回ゲストに招く上原さんは、国立市長時代に高さ20メートルを超えるマンション建設は市の景観にそぐわないとして、阻止するための地区計画を策定するなど、マンション建設を疑問視する市民の側に立った市政を行ったことで知られています。

集会では、市民主体のまちづくりをテーマに上原さんが講演を行うほか、これまでの旧アピタ日吉店などの再開発計画の経緯についても議論が行われる予定。開催時間は18時30分から20時30分まで、参加には資料代として300円が必要です。

【関連記事】

アピタ跡地の再開発に疑義、7/9(日)14時から宮前公会堂で地域住民の緊急集会(2017年7月5日、第1回集会)

箕輪町計画の住民意見に市が回答、高層化は「土地の合理的かつ健全な高度利用」(2017年6月24日、公聴会での住民意見に回答)

旧アピタ跡地の“高さ60m容認”は変えず、市が「都市計画案」への意見を募集(2017年8月7日、意見募集は終了)

【参考リンク】

「市長かく闘えり 元国立市長・上原公子さん語る 神奈川/綱島・箕輪・日吉 2017年9月9日(土)18:30~」の案内(くにたち上原景観基金1万人の会)

くにたち上原景観基金1万人の会(上原さんに関するこれまでの経緯など)

横浜市港北公会堂(大倉山駅徒歩7分)


関連スポンサー広告(グーグルから配信)