高架橋を切断中、日吉~綱島間の車窓から見える相鉄直通線のダイナミックな工事状況

横浜日吉新聞

鉄道運輸機構が運営する「相鉄・東急直通線」の公式サイトでは、このほど日吉駅付近の工事進捗が公表されました。東横線の綱島~日吉間の車窓からも見えますが、東横線の線路を外側に移設し、真ん中の空いた高架スペースを切り取って、線路を地下へ潜らせるための作業が進展しています。

箕輪町1・3丁目付近の東横線高架橋の様子、3月まで東横線が走っていた線路は跡形もない(7月31日)

同サイトでは、「以前使用していた軌道設備の撤去を終え、今後は高架橋部分の撤去を行っていきます」と紹介し、「既設高架橋を仮受設備に受けかえたのちにワイヤーソーで既設高架橋の柱を切断しています」と報告。コンクリートの高架橋を切断するというダイナミックな工事の様子が伝わってきます。

刻一刻と変わる綱島~日吉間の線路の様子。綱島からは進行方向「左側」、日吉から横浜方面は「右側」を日頃の通勤電車からも注目してみてください。

【関連記事】

日吉から綱島間の東横線、箕輪町付近で横浜方面行の線路を外側へ移設(2017年3月19日)

<相鉄・東急直通線>箕輪町内区間の工事、2020年3月までに終える考え(2017年1月14日、工事の詳細も)

<相鉄直通新線の鉄道工事>日吉や綱島周辺で今、何を作っている段階なのか?(2016年8月20日)

【参考リンク】

日吉駅付近工事の詳細(鉄道運輸機構)

日吉駅付近工事のパンフレット


関連スポンサー広告(グーグルから配信)