“焼肉交差点”の「北京」跡地に認可保育所、60人定員で2018年4月に開園

横浜日吉新聞

“焼肉交差点”の跡地に保育所が整備されるようです。川崎市はこのほど来年(2018年)4月に新設する「民間事業者活用型保育所」の一覧を公開し、中原区木月4丁目に2カ所を整備するうち、1カ所は旧焼肉店「北京」の跡地であることがわかりました。

旧焼肉店「北京」の建物は解体され、7月27日現在は更地となっている

かつて周辺に4軒の焼肉店が存在したことから、焼肉交差点とも呼ばれた木月4丁目交差点では、昨年(2016年)1月を最後にすべての焼肉店が閉店。このうち、大型店だった「北京」の5階建てビルは今年(2017年)6月ごろから解体が行われ、7月現在では更地となっています。

川崎市の発表によると、この地に60人定員の認可保育所を株式会社みらいく(埼玉県川越市)が開設するとしています。みらいくは今年4月に日吉本町4丁目にあった「ローソン日吉本町四丁目店」の跡地を使い、「みらいく日吉本町園」を開設しています。

なお、焼肉店「北京」の向かい側にあった「樹樹(じゅじゅ)」の跡地も更地となっており、動向が気になるところです。

【関連記事】

綱島街道「焼肉交差点」の痕跡が消える、最後の2軒建物は更地化・解体中(2017年6月15日)

元石川線沿いの日吉本町4に認可保育所「みらいく」新設、9月閉店ローソン跡か(2016年12月19日)

木月4の「市営住宅」跡に60名の認可保育所、2018年4月開園へ運営法人を募集(2016年11月28日、木月4丁目のもう1カ所の認可園は市有地を活用)

元住吉駅に近い日吉寄りの中原区保育所も激戦、2歳児までは50人超”待ち”も(2017年6月7日、木月4丁目付近も保育所が不足)

【参考リンク】

平成30年4月に開所する民間事業者活用型保育所設置・運営法人の決定について(第2次募集結果)(川崎市)


関連スポンサー広告(グーグルから配信)