日吉地区センター近辺で相次いでいた不審火、会社員の男を「器物損壊」容疑で逮捕

横浜日吉新聞

日吉本町1丁目にある「横浜市日吉地区センター」の付近で、先月(2017年6月)から今月(7月)にかけて、民家の植木や新聞紙などの紙類が燃やされる不審火が相次いでおり、港北署は周辺に住む47歳会社員の男を逮捕したと発表しました。

日吉本町1丁目の周辺では港北消防署が作成したポスターを貼るなど放火への警戒を強めていた

逮捕容疑は、今月5日(水)の深夜(※日付は6日)2時33分ごろ、日吉本町1丁目の住宅で柵や新聞紙類が燃やされたこと。同署では現場近くにいた男の身柄を確保し、容疑が固まったことから翌7日(金)朝に「器物損壊」の疑いで逮捕したものです。

この事件以外にも、周辺では6月だけで4件、今年1月にも1件の不審火が発生。また、昨年7月15日には日吉地区センターに近接した日吉1丁目でも4件の不審火が確認されています。

港北署では、今回逮捕した容疑者との関連についても調べる方針です。

【関連記事】

日吉駅に比較的近い「日吉1丁目」で一夜4件の不審火、放火犯に最大限の警戒を(2016年7月16日)

【参考リンク】

横浜市日吉地区センターの位置(不審火は同センター周辺の狭い範囲で発生していた、グーグルマップ)

港北区内の放火火災発生状況(横浜消防)


グーグルからの配信による広告

カテゴリ別記事一覧