“和”の喫茶空間が日吉に根付くか、地元食材にこだわる甘味処「浜大」が開店

横浜日吉新聞
甘味処「浜大」が日吉駅近くにオープン!代表の若宮博彦さん。元々祖父が「スーパー浜大」を創ったこの地での運営にこだわり、新たなチャレンジとして店をゼロから立ち上げた

甘味処「浜大」が日吉駅近くにオープン!代表の若宮博彦さん。元々祖父が「スーパー浜大」を創ったこの地での運営にこだわり、新たなチャレンジとして店をゼロから立ち上げた

どちらかというと「洋」の風情が主力とも言える日吉駅近郊に、「和」の喫茶文化が浸透するのか――日吉駅西口から徒歩約3分。日吉中央通りと浜銀通りの間、日吉商店街に位置するスーパーながえ隣に、昨日(2017年)6月30日、「甘味処浜大(はまだい)」(有限会社磯崎商店=日吉本町1運営)が新たにオープンしました。

同社代表の若宮博彦さん(日吉在住)によると、「特にPRは行っていない」ということもあり、オープン時も駆け付けたのは数名と穏やかなスタート。これまで日吉になかった「和」の喫茶・デザート専門店としての文化がこの地に根付くのか、これからも注目したい初日の船出となりました。

全38席と広々とした店内の窓側の席。一番乗りは「甘い物好き」だという慶應義塾大学の男子学生

全38席と広々とした店内の窓側の席。一番乗りは「甘い物好き」だという慶應義塾大学の男子学生

この日午前10時の「浜大」オープン時に駆け付けたのは、慶應義塾大学商学部に在学中の男子大学生(小田原在住)。「日吉にこのようなデザートを専門に食べられるお店がなかったので、注目していました。数日前にラーメンを食べようとここを通ったのですが、オープンの貼り紙を見つけて早速来てしまいました」と、同店にとり一番目の来客となったことを笑顔で喜びます。

甘い物が大好きなんです」という男子学生が注文したのは「白玉三昧(ざんまい)」(500円、価格は全て税込)。白玉団子に、横浜の老舗・清水製餡(あん)所(泉区)のあんこや、綱島の池田乳業(綱島東1)から仕入れたバニラアイスなどがトッピングされた、待望の“和のデザート”に、いち早く舌鼓を打っていました。

男子大学生が注文した「白玉三昧」。白玉団子とあんこ、バニラアイスのハーモニーを楽しめる

男子大学生が注文した「白玉三昧」。白玉団子とあんこ、バニラアイスのハーモニーを楽しめる

注目のメニューは、4種類ある“軽食”メニューでの最も値段が高い「鍋焼きうどん」(600円)。子ぶりのサイズに見えたものの、いざ食してみると、地元・株式会社丸紀(新吉田東7)から仕入れた太めのうどんが元気に小鍋の中を“踊る”かのようで、質量感もたっぷり。

代表・若宮さんが育った地・四国で供される味わいに近い、鶏とこんぶから取っただし汁の中で、地元・港北産のうどん麺が“アツアツに”仕上がっています。

一緒に頼んだ「氷あずき」(650円)のかき氷も、アイスと同様に池田乳業から仕入れた「純氷」(じゅんぴょう=にごりや混じり気のない氷)を使用。清水製餡所製のあんこがたっぷりと、“濃厚な”和の世界を堪能できる時間となりました。

落ち着いた「和」の風情の店内。今後日吉の街にどのように浸透していくのかに注目が集まる

落ち着いた「和」の風情の店内。今後日吉の街にどのように浸透していくのかに注目が集まる

席数も全38席と、日吉の商店街内での喫茶店では「大きめ」となることから、これから「和」のもてなしがどこまで日吉の来店客に響き、また多く来客で賑わうのかに注目が集まりそうです。

<営業案内>

営業時間:10時~21時、月曜定休 ※お問合わせ先:電話(045-548-4977)※2017年8月16日追記:営業時間が変更になりました(19時閉店)

 

【2017年7月18日追記】

メニューにワンコインで食べられる親子丼(税込500円)が加わったとの風の便りを聞き、つい足を運んだ「浜大」。牛カルビ丼(同600円)もあったのかと期待感が膨らみます

メニューにワンコインで食べられる親子丼(税込500円)が加わったとの風の便りを聞き、つい足を運んだ「浜大」。牛カルビ丼(同600円)もあったのかと期待感が膨らみます

星や月が輝く「浜大劇場」の始まり、始まり

星や月が輝く「浜大劇場」の始まり、始まり

四国・愛媛育ちの若宮さんプロデュースの「親子丼」は、西の文化の影響か、薄めの優しい味わいながらもしっかりとした出汁(だし)が出ていて、鶏肉とふんわり卵とのコラボレーションがとても美味しく感じられました。たくさんの大学生らで賑わうお店の活気も、嬉しく感じられる時間となりました

四国・愛媛育ちの若宮さんプロデュースの「親子丼」は、西の文化の影響か、薄めの優しい味わいながらもしっかりとした出汁(だし)が出ていて、鶏肉とふんわり卵とのコラボレーションがとても美味しく感じられました。たくさんの大学生らで賑わうお店の活気も、嬉しく感じられる時間となりました

【関連記事】

<日吉駅前>和モダンの甘味処「浜大」がオープンへ、地元食材へのこだわりも(2017年6月8日)

高知ゆかりの鍋焼きラーメンや和風パフェも、日吉駅近の「浜大」に続々新メニュー(2017年9月14日)

【参考リンク】

【池田乳業の氷を使用】お隣日吉駅西口に甘味処「浜大」OPEN!(綱島もるねっと)

甘味処浜大(はまだい)の場所(グーグルマップ、磯崎ビル2階)※日吉駅から徒歩約3分


関連スポンサー広告(グーグルから配信)