<港北警察>女性狙う痴漢多発に注意呼び掛け、日吉駅で護身術チラシも配布

横浜日吉新聞
今年も日吉駅に「ぽのちゃん((港北の“港”=ポート、“北”のノースの英語の意)」が来訪。金融機関の行員や駅員らと多発する痴漢(ちかん)への注意を呼び掛けた

今年も日吉駅に「ぽのちゃん((港北の“港”=ポート、“北”のノースの英語の意)」が来訪。金融機関の行員や駅員らと多発する痴漢(ちかん)への注意を呼び掛けた

線路への逃走でメディアを騒がせる痴漢の容疑者。電車乗車時や帰宅する際の道のりでの痴漢などのわいせつ事案や暴力事件の被害防止を今年も呼び掛け――先週(2017年6月)9日の16時より約30分間、神奈川県港北警察署は、東急線日吉駅改札前のコンコースにて「痴漢(ちかん)被害防止キャンペーン」を実施しました。

今年は、神奈川県警察本部において実施されている「電車内における痴漢対策推進期間」が、6月5日(月)から同16日(金)までと例年より長い12日間にわたり設定されていることから、「より多くの人々に痴漢行為が犯罪であることを知ってもらいたい」と、学生や女性客が多く乗り降りする日吉駅にて昨年に引き続きキャンペーンを行ったものです。

チカン多発の注意喚起や、いざという時に備えてほしいと「女性のための護身術」を記した案内チラシも配布

チカン多発の注意喚起や、いざという時に備えてほしいと「女性のための護身術」を記した案内チラシも配布

今回は、港北防犯指導委員会のボランティアスタッフや日吉の金融機関6行(三菱東京UFJ銀行、みずほ銀行、三井住友銀行、横浜銀行、川崎信用金庫、スルガ銀行)の行員・スタッフに参加を呼び掛け、東急電鉄日吉駅の駅員らも痴漢多発の注意を呼び掛ける「女性のための護身術」を記したチラシなどの配布に協力しました。

当日のキャンペーン参加者の一人は、「友だちが被害に合い、本当に犯人を許せなく思っています」と、その被害の悪質さを訴えます。

東急電鉄日吉駅の駅員も、「電車内での痴漢は、列車遅延を招くなど、被害者ばかりでなくより多くの人々にとって“迷惑な行為”になるので、ぜったいに行わないでください」と、鉄道車内での犯罪防止を呼びかけていました。

【関連記事】

日吉本町4で女子生徒が痴漢被害、犯人は60~70歳代で前歯1本抜けた白髪男(2017年2月2日)

今度は日吉5丁目で女子生徒が被害、12/23(金)に自転車に乗った痴漢男が出没(2016年12月28日)

【参考リンク】

神奈川県港北警察署のサイト


関連スポンサー広告(グーグルから配信)