日本テレの深夜バラエティに日吉・綱島が登場、「慶應とアップルの街」と紹介

横浜日吉新聞

きのう(2017年5月15日)23時59分から放送された日本テレビの深夜バラエティ番組「月曜から夜ふかし」内で「夜ふかし的路線調査 Part4 東横線」と題して東横線が取り上げられ、港北区内では日吉駅と綱島駅が登場しました。

日本テレビの深夜バラエティ番組「月曜から夜ふかし」の公式サイト

同特集では住民の心の拠り所を探るというテーマで展開。日吉について「川崎市と横浜市の境目(さかいめ)に位置する」と紹介後、駅前の周辺飲食店などへのインタビューを実施。複数から慶應義塾大学の名前が出てきたことから、「住民の心の拠り所は慶應大学」としました。

また、「卒業式の時はマスコミがすごかった」などの声をもとに、男性アイドルグループ「嵐」のメンバーで同大卒業生である櫻井翔さんを「通学しただけで街が盛り上がる男」として伝えていました。

綱島は「60年前は東京の奥座敷と言われ、温泉街だった」と解説され、スタジオの驚く声を拾ったのち、駅前での若い女性へのインタビュー映像を放映。

女性に心の拠り所を尋ねると「世界のアップルの研究所ができるんですよ」と答え、さらには「(最近発売された新色の)『iPhoneレッド』を持っているんですよ、(見せびらかして関心をひいて)アップルのイケメンの独身男性つかまえよかな」などと話したことで、“Appleとの玉の輿(たまのこし)を狙う街・綱島”とまとめました。

なお、両駅合わせて放映された時間は2分足らずでしたが、ツイッター(Twiiter)上では「櫻井くんが日吉に来ていたとは」「綱島にアップルがあるのを知らなかった」という内容の反応ツイートが多数みられ、綱島の次に横浜駅まで移動したことから、「なんで大倉山と菊名をスルーするのか」と残念がる声もありました。

【関連記事】

5/6(土)放送「ぶらり途中下車の旅」、東横線特集で矢上キャンパス登場か(2017年5月5日)

【参考リンク】

「月曜から夜ふかし」公式サイト(日本テレビ)


関連スポンサー広告(グーグルから配信)