高田駅近くの旧パチンコ店「ローラン」解体へ、跡地に分譲マンション建設の見通し

横浜日吉新聞
パチンコローラン

高田駅近くの荏田綱島線(日吉元石川線)沿いで昨年(2016年)12月25日で閉店したパチンコ店「ローラン」の建物解体作業が始まっています。跡地は分譲マンション建設用地として活用されるものと見られます。

5月12日現在で立体駐車場の解体作業が始まっている

ローランは地下鉄グリーンラインの高田駅3番出口から徒歩2分の高田西1丁目にあり、店内にはパチンコとスロットを合わせ400台弱を設置。店舗隣には大型の立体駐車場も構えていました。

今後、店舗と立体駐車場は解体されたのち、マンション建設が行われる見通し。駅から至近の場所だけに注目を集めそうです。

【関連記事】

綱島駅の“パチンコ激戦区”時代は昔話か、大綱橋近く「フェスタ」も10月閉店(2016年10月18日、綱島ではパチンコ店の閉店が相次いでいる)

【参考リンク】

旧パチンコ店「ローラン」の場所(グーグルマップ)


関連スポンサー広告(グーグルから配信)