<綱島西6丁目>東急線の「高架下」を使い認可保育所、2018年4月に開園

横浜日吉新聞

綱島西6丁目の東急東横線高架下認可保育所が新設されることがわかりました。横浜市の発表によると、東京都国立市に本社を置く株式会社こどもの森が来年(2018年)4月に開園を予定する「(仮称)綱島こども園」(定員60名)で、港北区内で高架下に認可園が整備されるのは初めてとみられます。

2018年4月に認可保育所を新設するとみられる綱島西6丁目の高架下

同保育所が新設されるのは、大型マンション「パークスクエア綱島」(綱島東4)の裏手にあたる高架下で、現在は駐車場として活用されている場所とされています。

付近の高架下では、2012年5月から東急電鉄がトランクルーム「クラモ日吉」(綱島西6)を営業しており、スペースの積極的な活用が行われています。また、高架脇の道路地下では、相鉄・東急直通線の「綱島トンネル」が通過する計画です。

保育所の建設予定地周辺では、パナソニック工場跡地の「Tsunashimaサスティナブル・スマートタウン(綱島SST)」(綱島東4)の開発が進展。付近でのマンション建設も活発化しているだけに、綱島駅東口への“通り道”にもなる高架下保育所は需要が見込めそうです。

【関連記事】

希望する保育所に入れない「保留児童」は19人増の583人、日吉・綱島で重点整備へ(2017年4月27日)

綱島東3~4丁目に「小規模保育」が必要、2018年4月の新設目指し事業者募集へ(2017年3月21日)

日吉・綱島で4月に9園新設もまだまだ足りぬ保育園、高田も不足で新設必要に(2017年2月1日)

アップル裏手で建設中のエコマンションは「プラウド綱島SST」、入居は来年3月(2017年3月13日)

アピタ綱島店裏で建設の66戸「クリオ」、東京ガスと共同で“エコマンション”に(2017年1月21日、プラウド綱島SSTの至近)

【参考リンク】

平成29年度「保育所」などの整備事業一覧表(横浜市)

認可保育所が整備されるとみられる場所(グーグルマップ※地番による推定位置)


関連スポンサー広告(グーグルから配信)