松の川緑道まつりが5/13(土)午前に、日吉駅10時発のウォーキングツアーも

横浜日吉新聞
下田町内に掲示された「第23回松の川緑道まつり」の案内ポスター。緑道を歩く園児がとても多いとのことで、下田町在住の女性がその様子を緑道散策にぴったりな歌とあわせて作成したとのこと

下田町内に掲示された「第23回松の川緑道まつり」の案内ポスター。緑道を歩く園児がとても多いとのことで、下田町在住の女性がその様子を緑道散策にぴったりな歌とあわせて作成したとのこと

日吉駅発のウォーキングツアーも人気となりそうです。日吉駅側の日吉本町から下田町、高田エリアにかけての、約2.1キロメートルの長さの遊歩道の緑や自然を守る活動を行っているボランティア団体「松の川遊歩道(緑道)の会」は、23回目となる恒例の「松の川緑道まつり」を今週末の(2017年5月)13日(土)の10時から12時まで、下田町4丁目の「鳥の広場」(下田町4丁目公園、下田小学校近く、雨天時は下田小学校)にて開催します。

例年通り、同会の活動報告アルプホルン(木製の長い楽器)コンサート喫茶手作り品の販売などを、公園に隣接した場所ならではのアットホームな雰囲気で楽しめる同イベント。

アルプホルンも新メンバーが2人加わり、また地場野菜(いも)や果実(いちご)の試食も楽しめるコーナー(パーラー)などもさらに充実しているとのこと。

「鳥の広場のナンジャモンジャノキ(ヒトツバタゴ)の花も見頃となり、クワの紫色の実もたわわに生(な)っています。地域の自然環境が再生されてきているからか、コジュケイという珍しい鳥も30年以上ぶりにこの地に戻ってきています。チョコホイ、チョコホイと鳴く鳥のさえずりも、ぜひこの緑道で探しながら会場にお越しいただければ」と同会代表の田邊美紗代さん

松の川緑道の慶應義塾大学下田学生寮付近。日吉丸の会によるウォーキングツアーにも人気が集まりそう(写真は2016年の同イベント開催日)

松の川緑道の慶應義塾大学下田学生寮付近。日吉丸の会によるウォーキングツアーにも人気が集まりそう(写真は2016年の同イベント開催日)

このイベントに合わせ、日吉駅の反対(東)側・慶應義塾大学日吉キャンパスの自然保護活動を行っている団体・日吉丸の会(小宮繁代表)による、日吉駅から会場までの「松の川緑道ウォーキングツアー」も実施。当日は午前10時に東急線日吉駅に集合、日吉丸の会メンバーと生きもの観察を楽しみながら、松の川緑道を1時間程度の時間かけてゆっくりと歩きます。

ゴールの「鳥の広場」では、松の川緑道まつりが開催されているので、「緑道まつりも充分楽しんでいただけるようプランニングしました。多くのお申込みをお待ちしています」と同会事務局。

ウォーキングツアーは悪天の場合は中止の予定、開催前日の5月12日(金)中までのメールでの事前申し込みが必要です。

「鳥の広場」が待っています(2016年開催の様子)

「鳥の広場」が待っています(2016年開催の様子)

なお、松の川緑道は、同日も含めた(2017年5月)12日(金)から14日(日)までの午前10時から16時に開催される「港北オープンガーデン」の日吉エリア会場(みんなのたから~松の川緑道~)となっており、「自生の動植物と人間が共生できる、楽しい土の遊歩道」と案内。「お年寄りから子どもまで、安心して歩ける車の通らない歩道」として、多くの来訪を呼び掛けています。

【関連記事】

恒例の「松の川緑道まつり」は5/14(土)午前中、下田小近くの広場で(2016年5月4日)※イベントの当日の様子など追記レポートも掲載

今はなき“田んぼ”の歴史を伝承、下田小の「稲刈り体験」支える地域グループの思い(2016年10月16日)

開催迫る港北オープンガーデン、慶應大や日吉ツアーで花と緑を満喫の週末(2017年4月19日)*日吉丸の会が5月13日(土)(同日)午後に14時から慶應義塾大学・日吉キャンパス内緑地ツアーも実施

高い評価を得ている日吉の環境保護活動、森を守る2つの団体に注目(2016年6月13日)

【参考リンク】

みんなのたから松の川緑道(松の川遊歩道(緑道)の会~下田町自治会ホームページ)

松の川遊歩道(緑道)の会(下田町自治会ホームページ)

慶應義塾大学日吉丸の会のサイト

慶應義塾大学日吉丸の会Facebookページ

松の川緑道ウォーキングツアー(5月13日・主催者:慶應義塾大学・日吉丸の会)のFacebookイベントページ ※申込案内


関連スポンサー広告(グーグルから配信)