日吉5丁目で再び「学生寮」計画、2019年の完成目指し農地跡に5階建て191戸

横浜日吉新聞
計画地(右)は主要道に面している。左奥が新交番の建設予定地と「まいばすけっと日吉5丁目店」
計画地(右)は主要道に面している。左奥が新交番の建設予定地と「まいばすけっと日吉5丁目店」

計画地(右)は主要道に面している。左奥が新交番の建設予定地と「まいばすけっと日吉5丁目店」

日吉5丁目で再び学生寮の建設が計画されていることがわかりました。「まいばすけっと日吉5丁目店」に近い主要道路の通称「綱島日吉線」(市道夢見ヶ崎3号線)沿いに面した2000平方メートル超の農地跡を使い、191戸の「寄宿舎」を建設するとの告知看板が現地に掲出されています。関係者によると、学生向けの寮とするものの、現時点では慶應義塾大学専用ではない模様です。

計画地は、かつて畑として使われていたものの、近年は使用されていなかった土地とみられます。

計画地は現在、農地として利用されていないが、観賞用とみられる木々が残っている

計画地は現在、農地として利用されていないとみられる

告知看板によると、高さ14.8メートルの5階建ての建物3棟を建て、191戸を設ける予定。建設主はダイワハウス傘下の株式会社コスモスイニシア(旧リクルートコスモス)で、今年10月初旬に着工し、2019年2月に完成させる計画です。

日吉5丁目の計画地周辺では、今年(2017年)4月に慶應大の国際学生寮(200戸)が新設されたばかり。また、昨年夏にはミニスーパーの「まいばすけっと」が開店したほか、旧ホームセンター「ハッピージャック」跡地にはドラッグストア「フィットケアデポ日吉5丁目店」が今年3月にオープン。近年中には計画地至近に交番の新設も予定されています。

)この計画は読者の方からの情報によって明らかになりました、ありがとうございます。

【関連記事】

<日吉5>西松社宅跡の「慶應国際学生寮」が完成、国内外から200名入寮へ(2017年3月8日、計画地の至近距離)

<日吉5丁目>宮前地区に「交番」新設へ、綱島街道の東側空白地帯の要に(2017年3月2日、計画地の至近距離)

<日吉5丁目>閉店のファミマ跡、7/8(金)からミニスーパー「まいばすけっと」に(2016年5月16日、計画地の至近距離)

<日吉5>ハッピージャック跡の「フィットケアデポ」は来年3月下旬に開店(2016年11月24日)

【参考リンク】

計画地の場所(日吉5丁目13番地付近、グーグルマップ)


関連スポンサー広告(グーグルから配信)