綱島東口のあゆみブックス跡、イオン系のドラッグストア「ウエルシア」に

横浜日吉新聞
p170407p001
p170407p001

2月に閉店した「あゆみBOOKS(ブックス)綱島店」の跡地

綱島駅東口近くで今年(2017年2月)14日に閉店した「あゆみBOOKS(ブックス)綱島店」(綱島東1)の跡地はイオン傘下のドラッグストア「ウエルシア薬局」となることがわかりました。今月(4月)13日から着工し、5月末頃まで1階と2階で新装工事を行うとの告知を店頭に掲示しています。

ウエルシア薬局は、全国に1449店(2016年11月現在)を展開するドラッグストア。最近では同じイオングループにある「オリジン弁当」から弁当を調達し、一部の店舗で販売を行うとの動きが日本経済新聞で報じられ、ドラッグストアが弁当販売に注力しているとして話題となりました。

新田堀バス停の近くにある「ウエルシア薬局横浜綱島東店」

新田堀バス停の近くにある「ウエルシア薬局横浜綱島東店」は0時まで開いている

綱島では新田堀(しんでんぼり)バス停近くの綱島東4丁目に「ウエルシア薬局横浜綱島東店」を構えており、医薬品のほか、化粧品や日常品、酒類、生鮮以外の食料品も取り扱い、9時から夜0時まで営業中です。

また、綱島駅西口エリアで3店舗を展開する「ハック(HAC)ドラッグ」は2015年9月からウエルシア薬局の傘下となっており、今回の新店舗が開店すると、同薬局の系列店は綱島で5店目。西口では「ハック」、東口では「ウェルシア」という形で色分けされそうです。

旧あゆみブックスの周辺では、隣の区画にある旧パチンコ店「FESTA(フェスタ)綱島店」の跡に「セブンイレブン横浜大綱橋店」が先月31日にオープンしたばかり。このエリアは2022年後半の新綱島駅(仮称)の開業後は鉄道やバスへの乗り換えルートの一つになるとみられますが、それまでは大綱橋の利用者を中心とした顧客を獲得することになりそうです。

【関連記事】

<綱島駅東口>カフェ併設書店のさきがけ「あゆみブックス」が2/14(火)で閉店(2017年1月12日)

大綱橋のローソン間近にセブンが進出へ、パチンコ店跡に3月下旬オープン(2017年2月28日)

【参考リンク】

ウエルシア薬局の公式サイト

ハックドラッグの公式サイト(綱島西で4店舗、2015年からウエルシア薬局の傘下)

ウエルシア横浜綱島東店の紹介ページ(綱島東4)


関連スポンサー広告(グーグルから配信)