綱島SSTの「スイソテラス」は水素が学べる全国でも稀有な施設、誰でも見学OK

横浜日吉新聞
p170401p006

水素スタンドに併設されたショールーム「スイソテラス」

“水素エネルギー”とはどんなものか――、そんな素朴な疑問に答えてくれる施設が綱島東4丁目の「Tsunashimaサスティナブル・スマートタウン」(綱島SST)内で先月(2017年3月)15日にオープンしたショールーム「スイソテラス」です。ENEOS(エネオス、JXTGエネルギー=旧JXエネルギー)の「横浜綱島水素ステーション」に併設された同施設。水素エネルギーの基礎が学べるとともに、綱島SSTのPR拠点にもなっており、一度訪れてみる価値はありそうです。

綱島SSTの綱島街道沿いに出現したガソリンスタンド風の建物。ここで販売されているのはガソリンではなく、「燃料電池自動車」(FCV)向けの“水素”のみというめずらしい“スタンド”です。

綱島SSTにオープンしたエネオスの水素ステーション、奥の白い建物が「スイソテラス」

綱島SSTにオープンしたエネオスの水素ステーション、奥の白い建物が「スイソテラス」

水素で走る燃料電池自動車は究極のエコカーと言われているものの、価格が1台700万円超もする高級車。現時点で1000台程度しか普及していないと言われますが、大気汚染の原因となる有害物質をほとんど出さないうえ、ガソリンなどのエネルギー不足の切り札にもなることから、国が補助金を出すなどして普及を後押ししています。

すでに大都市圏を中心に水素スタンド自体はいくつか開設されていますが、利用する車がまだ少ないため、今は採算面では苦しい様子。それでも、燃料を補給するスタンドがないと車の普及が難しいため、近未来への先行投資としてとらえているようです。

誰でも見学が可能な「スイソテラス」

誰でも見学が可能な「スイソテラス」

綱島SSTに開設されたJXTGエネルギーの水素スタンドもその一つですが、ユニークなのは「まずは水素エネルギーがどんなものかを広く知っていただくことが大事」(JXTGエネルギー)として、一般向けの見学施設を併設したことです。

都内では昨年(2016年)3月に都が「東京スイソミル」という全国初の情報発信拠点を江東区潮見の水素ステーション併設型ガソリンスタンドに隣接して設けていますが、神奈川県では綱島SSTが初めてとみられ、全国でも稀有(けう)な存在です。

2階にはシアターが設けられており、水素エネルギーが理解できる映像をみることができる

2階にはシアターが設けられており、水素エネルギーを理解するための映像をみることができる

そんなめずらしい施設のスイソテラスは、火・木曜の13時から16時土曜日の10時から16時の毎週3日間は誰でも見学することが可能、もちろん入場無料です。水素スタンドの正面左側にある白く細長い2階建ての建物に入ってみましょう。

館内には15人ほどが同時に観られるシアターが設けられており、壁などに映像を映し出す「プロジェクションマッピング」と呼ばれる空間演出も一部採り入れた映像作品を見ることができます。

綱島SSTに関する情報をみることもできる

綱島SSTに関する情報をみることもできる

「水素社会の実現に向けて」などのタイトルが付けられた30分ほどの映像は、小学生の高学年くらいから理解できるように作られており、水素エネルギーのメリットや近未来はどうなっていくのかの大きなヒントが得られそう。

また、水素エネルギーはどうやって作るのかをはじめ、水素ステーションに屋根がほとんどないことや、燃料電池自動車にマフラーがない理由水素に危険性はないのかなど、素朴な疑問を知ることができるでしょう。

ガス漏れならぬ「水素漏れ」を感知する機器の実演が行われることも

ガス漏れならぬ「水素漏れ」を感知する機器の実演が行われることも

このほか“水素漏れ発見器”の実演が行われることもあるほか、館内に置かれた水素充填(てん)機による充填体験も可能で、子どもが喜びそう。また、現在建設中の綱島SSTに関してのタッチパネル式の解説画像を見ることもでき、エコな新エネルギーを積極的に採り入れているSST計画の一端が分かります。

オープンから間もないため、展示内容や実演については試行中の部分もあるとのことで、今後の変化も楽しみなところです。また、現時点では唯一、綱島SST内で一般に開放された施設でもあります。

SST内ではこの先、エコマンションである「プラウド綱島SST」のオープンハウス開設や「アピタ横浜綱島店(仮称)」の開業などが控えており、スイソテラスの知名度も上がっていきそう。広く知られていない今のうちに見学できるのは、地元ならではの“特権”。開館日にぜひ出かけてみてください。

綱島SST「スイソテラス」の開館時間(2017年3月現在)

※入場無料、映像上映はおおむね1時間に1回とのことです

  • 火曜日:13:00~16:00(※午前中は関係者のみ)
  • 木曜日:13:00~16:00(※午前中は関係者のみ)
  • 土曜日:10:00~16:00

【関連記事】

希少な“究極のエコカー”向け、綱島SSTにエネオス「水素ステーション」開業(2017年3月15日)

<綱島SST>国が後押しする水素エネルギーの普及拠点、エネオススタンドが完成(2017年1月27日)

【参考リンク】

横浜綱島水素ステーションの紹介ページ(JXTGエネルギー、※3月31日までJXエネルギー)

「横浜綱島水素ステーション」および併設ショールーム「スイソテラス」の開所について(JXエネルギー、2017年3月15日)


関連スポンサー広告(グーグルから配信)