日吉駅前に久々の新ラーメン店、串焼き馬沙羅の跡に「らーめん家せんだい」

横浜日吉新聞
閉店した「馬沙羅(ばさら)」の跡地では、3月21日現在、外からは工事が行われている様子は見えなかった

閉店した「馬沙羅(ばさら)」の跡地では、3月21日現在、外からは工事が行われている様子は見えなかった

先月(2017年2月)19日に閉店した「博多串焼き馬沙羅(ばさら)」の跡地で4月1日からラーメン専門店が開店する予定であることがわかりました。アルバイト情報サイト「タウンワーク」に求人情報が掲載されたもので、保土ヶ谷区に本店を置く「らーめん家せんだい」がアルバイトと正社員を募集しています。

求人情報によると、場所は日吉駅前の普通部通りと中央通りの間にある脇田ビル(日吉本町1)となっており、勤務時間は9時から23時としています。

「らーめん家せんだい」の公式サイト

「らーめん家せんだい」の公式サイト

らーめん家せんだいの公式サイトによると、多摩区の稲田堤駅近くにあった川崎店を2月26日で閉店し、移転する形で日吉店をオープンするとのこと。「せんだい」の名の由来はマスターが生まれ育った土地である鹿児島県川内(せんだい)市からとったといい、ラーメンはとんこつをベースに「醤油」「味噌」「唐辛子味噌」「塩」の4種類を提供し、川崎店では並盛を680円で販売していました。

このところラーメン専門店の数が減っていた日吉駅前ですが、同店が開店すると14店となります。

【2017年3月30日追記】

いよいよ「らーめん家せんだい」オープン迫る!4月1日(土)午前11時に開店する予定とのことです

いよいよ「らーめん家せんだい」オープン迫る!4月1日(土)午前11時に開店する予定とのことです

【2017年4月1日追記】

「らーめん家せんだい」がいよいよ串焼き馬沙羅跡にオープン!お昼過ぎまであいにくの冷たい雨、来客的には落ち着いたスタートになったようです(14時頃撮影)

「らーめん家せんだい」がいよいよ串焼き馬沙羅跡にオープン!お昼過ぎまであいにくの冷たい雨、来客的には落ち着いたスタートになったようです(14時頃撮影)

オーナーが九州「鹿児島」川内(せんだい)出身とのこと。九州らしい「醤油豚骨」味、味玉付き(800円=税込、今回は小サイズ選択で700円)をチョイス。麺は5ミリほどの太麺で、固さやスープの濃さも指定することができます

オーナーが九州「鹿児島」川内(せんだい)出身とのこと。九州らしい「醤油豚骨」味、味玉付き(800円=税込、今回は小サイズ選択で700円)をチョイス。麺は5ミリほどの太麺で、固さやスープの濃さも指定することができます

店内は串焼き馬沙羅時の厨房や客席の雰囲気の名残が。オープン3日間限定だという黒烏龍茶のプレゼントも。卓上の自家製とうがらしを入れると、味に奥行きが広がりました。久しぶりの新ラーメン店がどのように日吉の街に受け入れられていくのかが楽しみです

店内は串焼き馬沙羅時の厨房や客席の雰囲気の名残が。オープン3日間限定だという黒烏龍茶のプレゼントも。卓上の自家製とうがらしを入れると、味に奥行きが広がりました。久しぶりの新ラーメン店がどのように日吉の街に受け入れられていくのかが楽しみです

【関連記事】

日吉駅前、廉価で博多串焼きを味わえる「馬沙羅」が2/19(日)で閉店(2017年2月14日)

【参考リンク】

らーめん家せんだい公式サイト

横浜で人気の家系ラーメン専門店!! 2月5日Newオープン●横浜西口店 4月1日Newオープン●日吉店(タウンワーク、3月27日7時まで掲載)


関連スポンサー広告(グーグルから配信)