副都心線と南北線でダイヤ改正、遅い時間に目黒線への直通列車が増加も

横浜日吉新聞

東京メトロは来月(2017年3月)25日(土)に副都心線と南北線でダイヤ改正を行うと発表しました。副都心線では、東急東横線と西武線に乗り入れる全車指定席の観光列車「S-TRAIN(Sトレイン)」の運転が始まり、南北線では平日22時以降に東急目黒線への直通列車が若干増やされます。

夜遅くに南北線から目黒線の直通列車が3本増える

夜遅くに南北線から目黒線の直通列車が3本増える(日吉駅に停車中の南北線車両)

Sトレインの運転開始以外での副都心線の改正は、平日10時から16時台の東急東横線からの「新宿三丁目行」列車で、行先を池袋または和光市に変更し、新宿三丁目~池袋間で24本、新宿三丁目~和光市間で2本を増発します。また、土日祝ダイヤでも新宿三丁目~池袋間で48本、新宿三丁目~和光市間が2本の増発となります。

南北線は平日の22時台以降、埼玉高速線内発の列車で白金高輪止めとなっている列車3本について、東急目黒線内行に変更するなどの改正が予定されています。

【関連記事】

<東横線>3/25(土)から「秩父直通」全車指定の観光列車、日吉や小杉は停まらず(2017年1月11日)

【参考リンク】

有楽町線・副都心線及び南北線のダイヤを改正します(東京メトロ、2017年2月9日)


関連スポンサー広告(グーグルから配信)