普通部通りの洋食店「WAGURI」、とんかつとカツカレーの店に2月から変更へ

横浜日吉新聞
p170131p002

普通部通りに面した「洋食WAGURI(わぐり)」。とんかつ「和栗」は右側奥にある

普通部通りの洋食店「洋食WAGURI(わぐり)」(日吉教養センタービル<カルチャー日吉>1階)は、2月から「とんかつ」と「カツカレー」の店に変更すると店頭で告知しています。

洋食WAGURIは、日吉駅周辺で「居酒屋くりの木」(浜銀通り)や「キッチンくりの木」(西口バスターミナル近く)などを展開する有限会社くりの木が2014年11月にオープンした洋食店で、ステーキやハンバーグを比較的廉価で提供するなど、ファンが多かっただけに惜しむ声も上がりそうです。

同店にはカウンター席だけのとんかつ専門店「とんかつ和栗」も併設しており、こちらでも「ロースカツ定食」を昼限定のメニューとするなどの変更が行われるとのことです。

【参考リンク】

「洋食WAGURI」の店舗紹介(有限会社くりの木)

「洋食WAGURI」の食べログページ

「とんかつ和栗」の食べログページ(洋食WAGURIに併設)


関連スポンサー広告(グーグルから配信)