<慶應塾高>春高バレー3回戦で競り負けも、初出場で「ベスト16」の成績残す

横浜日吉新聞
塾高バレーボール部のTwitterでは最新の試合情報などが発信されている

塾高バレーボール部のTwitterでは最新の試合情報などが発信されている

高校バレーの全国大会「春高バレー(第69回全日本バレーボール高等学校選手権大会)」で3回戦(ベスト16)に勝ち残っていた慶應義塾高校(塾高)は、昨日(2016年1月)6日に和歌山県代表の常連校・開智高校に2-1で逆転負けとなりました。

第1セットを25-23で先取したものの、第2セットは25-20、第3セットでは追い上げおよばず25-23で競り負け、初の全国大会は「ベスト16」という成績で幕を下ろしました。今後の活躍に期待が集まりそうです。

【関連記事】

「春高バレー」初出場で3回戦に残った慶應塾高、次は22年連続出場の常連校と対戦(2017年1月6日)

<バレー男子>慶應塾高が県大会で初の優勝、1月の「春高バレー」も初出場(2016年11月14日)

【参考リンク】

【春高バレー】初出場の慶応義塾、3回戦で散る(スポーツ報知)

慶應義塾高校バレーボール部公式Twitter

春の高校バレー公式サイト(フジテレビ)


関連スポンサー広告(グーグルから配信)