井田病院と隣接の「市民健康の森」間に歩行者道、川崎市が近隣住民に説明会

横浜日吉新聞
p170105p007
井田病院で行われる斜面防護工事の図面(川崎市の資料より)

井田病院で行われる斜面防護工事の図面(川崎市議会の資料より)

川崎市は市立井田病院の西側にある斜面防護工事を行うとともに、近接する「中原区市民健康の森」から病院への歩行者専用道路を整備する方針を示しました。これにともない、今月(2017年1月)11日(水)19時から井田病院内で近隣住民への説明会を開く予定です。

これは、井田病院の西側にある斜面の崩落を防止するため擁壁(ようへき)を整備するとともに、現在は斜面となっている部分にアスファルト舗装による歩行者専用道路を整備し、健康の森と病院をつなげる計画だといいます。

井田病院では、病棟の建て替えなど2009年9月から大規模な工事が行われており、今回の斜面防護工事は第3期の約150区画の立体駐車場建設に続く「第4期工事」となります。

【関連記事】

<井田病院>立体駐車場やバスロータリー新設工事が5カ月遅れ、全面完成は来年秋に(2016年5月30日)

日吉周辺でホタルが見られる、井田病院の近くで6/12(日)まで観賞イベント(2016年5月31日、市民健康の森はホタルの放流で知られる)

【参考リンク】

川崎市立井田病院斜面防護等工事に係る住民説明会について(2016年1月11日開催)

川崎市立井田病院斜面防護等工事に係る住民説明についての資料PDF、2016年12月9日、川崎市議会健康福祉委員会)


関連スポンサー広告(グーグルから配信)