<まとめ>日吉・綱島で長年見慣れたビルや建物が一気に消えてしまった2016年

横浜日吉新聞

2016年は日吉と綱島で何十年にもわたって親しまれてきた商業施設などの建物が一気に消えた年となりました。今年、解体されてしまったビルや建物をまとめました。

1月8日:「綱島駅ビル商店街」が閉鎖

p151108p001

1963(昭和38)年から50年以上続いた駅直結の商店街。駅ビルの元祖と言われる存在でしたが、東急電鐵の高架橋を耐震工事を行うという理由で閉鎖。6月から解体工事が始まり、今はその面影はほとんど残っていません。

関連記事:「綱島駅ビル商店街」の記事一覧

2月15日:損保ジャパン日本興亜の「日吉センター」閉鎖

損保ジャパン日本興亜の「日吉センター」、最終日となった2016年2月15日には既に人の姿はなくひっそりとしていた

当時の興亜火災(現:損保ジャパン日本興亜)が、コンピュータによる事務処理や社員研修を行う場として約30年前の1986(昭和61)年4月に開設した大規模な施設でしたが、2月15日に閉鎖。現在は解体作業が行われている最中です。なお、隣の野村総合研究所のデータセンターや社員寮は2015年12月末に閉鎖。

関連記事:損保ジャパン日本興亜に関する記事一覧

3月31日:「アピタ日吉店(サンテラス日吉)」が完全閉鎖

アピタ日吉店の敷地は約2万平方メートルあるといわれている

昨年(2015年)11月29日に「アピタ日吉店」が閉店した後も5つのテナントが運営を続けていましたが、3月30日までに完全撤退し、翌日建物を閉鎖。6月から解体作業に着手し、すでに建物は完全になくなりました

関連記事:「アピタ日吉店」に関する記事一覧

3月31日:「日吉台学生ハイツ(東京・スチューデントハウス日吉台)」が完全閉鎖

p160220p0004

1969(昭和44)年3月のオープンから半世紀近くにわたって若者を送り出してきた地上8階・地下1階の「日本最大級の男子学生会館」。閉館と同時に解体作業に着手し、すでに建物は消えています

関連記事:「日吉台学生ハイツ」に関する記事一覧

6月26日:下田町のスーパー「サミット日吉店」閉店

下田小学校やサンヴァリエ日吉に近い場所にある「サミットストア日吉店」は1971年のオープン

1971(昭和46)年11月から約45年間にわたって営業を続けてきた下田町を代表するスーパーでしたが、老朽化などを理由に閉鎖。すでに建物はありません。解体後の写真はこちら

関連記事:「サミット日吉店」に関する記事一覧

8月7日:日吉5丁目のホームセンター「ハッピージャック」閉店

ハッピージャック

1980年から営業を続けてきた地元のホームセンター。全国系では取り扱わないような専門的工具や用具も取り扱っており、周辺地域では知られた存在でした。跡地には3月下旬のオープンに向け、ドラッグストアと保育園の2階建てビルを建設している最中です。

関連記事:「ハッピージャック」に関する記事一覧

【関連記事】

<読まれた記事ベスト30>変化の激しい1年、日吉・綱島で何が起こっているのか(2016年12月25日)


関連スポンサー広告(グーグルから配信)