認可保育園に入れぬ港北区内「保留児童」は950人超、“横浜で最悪”は変わらず

横浜日吉新聞

港北区内で認可保育所(小規模保育園含む)に希望しても入れない「保留児童」昨年(2015年)より悪化し、1000人に近づいていることが横浜市が発表した今年(2016年)10月1日現在の資料でわかりました。区内では昨年同時期と比べ保育所を8カ所増設し、入所定員を243人増やしたものの、利用需要が上回っており、市内18区で“最悪”の状態は脱していません。

横浜18区ごとの未就学児童数や保留児童数の一覧(横浜市の資料より)

横浜18区ごとの未就学児童数や保留児童数の一覧、港北区がすべてトップの数字(横浜市の資料より)

市の資料によると、10月1日現在の港北区内の保留児童数は昨年同時期より129人増えて958人で市内トップ。保留児童数のなかには、認可保育所ではない「横浜保育室」や「幼稚園預かり保育」などで預け先が確保できている人も含まれているため、全員が預け先がないというわけではありません。

一方、港北区内の未就学児童の数は、昨年同時期と比べ259人増えて1万9237人。これは2位鶴見区の1万6311人を大きく上回る数となりました。

区内では来年(2017年)4月に認可保育所を12カ所と、小規模保育園(小規模保育事業)2園(いずれも横浜保育室からの移行含む、2016年12月現在)を新設する予定ですが、保留児童数をどこまで減らせるのかが課題となりそうです。

※タイトル左の画像は日吉や綱島(2017年4月開園)、新横浜に認可園と横浜保育室を展開するベネッセスタイルケアのサイトより

【関連記事】

<日吉・綱島の認可保育所>来年4月に7園新設し定員440人増、綱島台や綱島上町にも(2016年4月13日)

港北区の「待機児童」はたった2人? 保育所で苦労する実態を覆い隠す“まやかしの数値”(2016年4月28日)

国の言う“待機児童”は減っても、認可に入れぬ「保留児童数」が横浜ワーストの港北区(2015年12月11日)

【参考記事】

平成28年10月1日現在の保育所等利用待機児童数について(横浜市こども青少年局 保育対策課)

平成28年度保育所等の整備事業一覧(2017年4月から横浜市に新設される保育所一覧)


関連スポンサー広告(グーグルから配信)