土砂災害の危険度高い井田や南北加瀬、ハザードマップ説明会を中原区と幸区内で

横浜日吉新聞

川崎市は土砂災害やハザードマップに関する説明会中原区役所(小杉町3)で来週(2016年10月)31日(月)に、幸区日吉出張所(南加瀬1)では11月15日(火)にそれぞれ行います。

土砂災害ハザードマップの中原区・幸区版で警戒区域となっているのは、日吉駅に近いエリアばかり

土砂災害ハザードマップの中原区・幸区版で警戒区域に指定されているのは、日吉駅に近いエリアばかり(空白の部分が横浜市域)

説明会では、土砂災害の実態と傾向が解説されるほか、ハザードマップの活用法や日ごろの備えなどに関して説明が行われます。

中原区と幸区のハザードマップによると、両区で土砂災害の危険性が指摘されているのは、日吉駅に比較的近い井田2~3丁目南加瀬と北加瀬1~2丁目に集中しています。また、高津区蟹ヶ谷の周辺も警戒区域が目立ちます。それだけに、説明会で現状を知っておくことは有効なことといえそうです。

開始時間はいずれも19時から20時30分まで、定員は先着100名となっています。事前申し込みの必要はありません。基本的な内容はいずれの会場も同じです。また、配布されるハザードマップは開催区のものとなりますが、中原区と幸区は両区合同版です。

【関連記事】

川崎市が過去の「浸水被害」発生場所を地図上に、幸・中原・高津区民は必見(2016年8月19日)

【参考リンク】

「土砂災害ハザードマップに関する説明会」を開催します(川崎市)

幸区日吉合同庁舎の交通案内

中原区と幸区の土砂災害ハザードマップPDF


グーグルからの配信による広告

カテゴリ別記事一覧