綱島駅の“パチンコ激戦区”時代は昔話か、大綱橋近く「フェスタ」も10月閉店

横浜日吉新聞
FESTA(フェスタ)綱島店
大綱橋近くにある「FESTA(フェスタ)綱島店」は今月(10月)30日(日)での閉店を告知している

大綱橋近くにある「FESTA(フェスタ)綱島店」は今月(10月)30日(日)での閉店を告知している

綱島駅前のパチンコ(スロット)店が年々減っています。2000年初頭までは西口と東口を合わせて駅近くに10のパチンコ店がひしめく東横線有数の“激戦区”でしたが、2000年代前半に減少。その後は落ち着いていたものの、今年(2016年)4月に東口バスターミナル前の「サイバーパチンコ綱島店」が閉じ、このほど綱島街道の大綱橋近くにある「FESTA(フェスタ)綱島店」(綱島東1)が今月(10月)30日(日)限りで閉めることを告知するなど、閉店の動きが再び加速しています。

フェスタ綱島店は、福岡県小郡市に本社を置く株式会社テンガイが運営するホールで、同社としては綱島店が神奈川県唯一の店舗。旧「家具の大正堂綱島店」の跡地を使った7階建ての宿泊施設「TIMES INN(タイムズイン)24」の1階・2階フロアで2006年から営業しており、店内にパチンコ304台とスロット120台を設置しているといいます。すでに店内には「貯玉・貯メダルをお持ちの会員様は10月30日までにご精算ください」といったポスターも貼られています。

「パチスロミラージュ」の跡地には真新しいビルが完成間近

「パチスロミラージュ」の跡地には真新しいビルが完成間近

綱島駅周辺のパチンコ店は、西口のバス通り「子母口綱島線」沿いにある「パチスロミラージュ」(横浜銀行となり)が2014年に閉店し、建物が取り壊されて現在はカフェなどが入居する予定の5階建てビルに建て替えられている最中。最近では今年4月に東口バスターミナル近くの「サイバーパチンコ綱島店」が店を閉じ、8月31日に「セブンイレブン横浜綱島駅北口店」が新たにオープンしたばかりで、閉店の動きが目立っています。

フェスタ綱島店の閉店後、跡地をどのように活用するかは不明ですが、駅近くに残る店舗は東西あわせて4つ。新綱島駅の開業に関連した再開発の期待によるものか、それとも店舗の郊外化が進んだためなのかはわかりませんが、綱島のパチンコ店にかつての勢いがみられないのは確かです。

【関連記事】

綱島駅にコンビニ5社がそろい踏み、バス乗場前にセブンが8/31(水)開店(2016年8月29日)(旧パチンコ店「サイバー綱島店」跡地)

綱島駅西口で建設中の5階建てビル、表参道発の「ピアーズカフェ」は12月開店へ(2016年10月05日)(パチスロ専門店「ミラージュ」跡地)

【参考リンク】

パチンコ&スロット「フェスタ」公式サイト


関連スポンサー広告(グーグルから配信)