東急高架下くぐる箕輪町の「日吉第1架道橋」を11/1(火)廃止、相鉄直通線の影響で

横浜日吉新聞
来月(2016年11月)1日に廃止される日吉第1架道橋(写真左側、右側は綱島街道)

来月(2016年11月)1日に廃止される日吉第1架道橋(写真左側、右側は綱島街道)

相鉄・東急直通線の工事主体である鉄道運輸機構は、同直通線の工事にともなって箕輪町1丁目の綱島街道から同3丁目を結ぶ「日吉第1架道橋」について、来月(2016年11月)1日(火)の22時に閉鎖すると発表しました。同時刻以降は乗用車などの車両は通行ができなくなり、道路としての役割を終えます。なお、歩行者用の通路としては残され、自転車は降りて通ることが可能です。

東急線から相鉄線に直通する新たな線路が地上部を通るためで、日吉第1架道橋を過ぎた綱島寄りの付近から徐々に地下へもぐる形の設計となっています。同直通線の工事では道路が廃止となる唯一のケースとみられます。

現場に立てられている廃止を知らせる看板

現場に立てられている廃止を知らせる看板(※クリックで拡大)

日吉第1架道橋の廃止にともない、綱島街道と箕輪町3丁目を結ぶ車道が減ることになるため、旧アピタ日吉店駐車場の入口付近(バイク店「日吉ホンダモーター」やマンション「コープ野村」脇の道路)から「第2架道橋」に通ずる道路を拡幅する計画だといいます。

なお、第1架道橋の閉鎖後も歩行者用の通路は確保されます。相鉄直通線の開通時までには、線路を越えるためのエレベーターが設置されるとともに、コーエーの「ジェミニ」ビルが建つ日吉本町1丁目方面へ抜ける通路も新たに設けられる予定とされています。

【関連記事】

<相鉄直通新線の鉄道工事>日吉や綱島周辺で今、何を作っている段階なのか?(2016年8月20日)

<相鉄・東急直通線工事>日吉付近は「課題の少ない工区」、市が早期完成を求める(2016年9月30日)

【参考リンク】

日吉駅付近工事の詳細(鉄道運輸機構)


関連スポンサー広告(グーグルから配信)