<綱島西口>さくら水産跡に「24時間営業・月7000円」のフィットネスクラブ

横浜日吉新聞

今年(2016年)5月8日で閉店した綱島駅西口近くの「さくら水産綱島西口店」(アーバンシュロス綱島2階)跡は、24時間営業のフィットネスクラブになることがわかりました。

アーバンシュロス綱島の2階は5月まで「さくら水産」だった

アーバンシュロス綱島の2階は5月まで「さくら水産」だった

来月(11月)30日(水)にオープンを予定するのは、米国生まれのフィットネスチェーン「エニタイムフィットネスセンター」で、月に7000円程度の会費で24時間いつでも使えるのが特徴です。

同チェーンは2002年に米ミネアポリスで1号店をオープン以来、現在では25か国で3200店以上をフランチャイズ展開。日本では2010年に1号店をオープンしており、2020年度末には国内500店舗体制を目指すといいます。日吉や綱島の近郊では武蔵中原店やみなとみらい店などがあります。

米国生まれのフィットネスチェーン「エニタイムフィットネスセンター」は日本でも急速に出店攻勢をかけている(ホームページ)

米国生まれのフィットネスチェーン「エニタイムフィットネスセンター」は日本でも急速に出店攻勢をかけている(ホームページより)

エニタイムフィットネスセンター綱島店は、東京・神奈川で7店舗運営する東急レクリエーションによるフランチャイズ店です。年中無休の24時間営業で、1カ月の月会費は税別7000円。ほかに初回のみセキュリティキーの発行手数料が通常税別4760円がかかるとのことです。会員になると、世界中どこの店舗も利用可能となります。

「華美な装飾、過度なサービスを省き、運営コストを削減することにより、皆様に納得していただける低価格月会費を実現」(東急東急レクリエーションによるニュースリリース)しているといいます。そのため、プールやスタジオはなく、マシンジムのみが設置されています。

なお、11月30日(水)までは2カ月間の月会費が半額となるほか、セキュリティキー発行手数料が無料となるなどのキャンペーンを実施中です。

【関連記事】

<綱島駅西口>格安系居酒屋の「さくら水産」と「庄や」が閉店、庄やは新業態に(2016年4月29日)

【参考リンク】

エニタイムフィットネスセンター綱島店の紹介

エニタイムフィットネスセンターについて


グーグルからの配信による広告

カテゴリ別記事一覧