ラーメンじゃなく「家系カレー」!? 普通部通り近くに9/1(木)開店、3日間は500円

横浜日吉新聞
9月1日(木)のオープンを予定する「家系カレーライス 壱番家」のチラシ

9月1日(木)のオープンを予定する「元祖家系カレーライス 壱番家」のチラシ

日吉駅前の普通部通りに近い場所で今年(2016年)6月から休業中だった「ラーメン肉を喰らえ!!」(日吉本町1)は、今週9月1日(木)から“家系カレーライス”の店「壱番家」として再オープンすることがわかりました。チラシによると、3日(土)までの3日間はカレーの並盛(650円)を500円で提供するとのことです。

家系カレーとは聴き慣れないメニューですが、横浜発祥の豚骨ベースの濃厚醤油スープに代表される“家系ラーメン”の味をカレーで表現してしまおうというコンセプトとみられます。今回オープンの壱番家でもチャーシューや味卵入りといったメニューも設定されています。

家系カレーを名乗るカレー店は、今のところほどんど存在しないだけに、どのような味になるのか注目が集まりそうです。

なお、「肉を喰らえ」がカレー店に変わったことで、日吉駅周辺のラーメン専門店は13店まで減ることになりました。

【2016年8月31日追記】

オープン前日、店内外で開店の準備が進められていました(21時50分頃撮影)

オープン前日、店内外で開店の準備が進められていました(21時50分頃撮影)

【2016年9月2日追記】

カレーの並盛、どこかラーメンの面影があります、味もカレーの新ジャンルという雰囲気でした!

カレーの並盛、どこかラーメンの面影があります、味もカレーの新ジャンルという雰囲気です!

ラーメン時代と同じ調味料が使え、色んな味が楽しめるのも「家系カレー」の特徴かもしれません。

おろしニンニクや豆板醤など、ラーメン時代と同じ調味料がよく合うテイストなので、色んな味が楽しめるのも「家系カレー」の特徴かもしれません。

p160902p03

家系カレーのメニュー表、ライスの量や辛さ、トッピングなどいろいろ選べます

【関連記事】

激戦・日吉駅周辺のラーメン専門店、つけ麺の「あびすけ」が味噌の専門店に(2016年8月2日、日吉駅前のラーメン店一覧も)

<中央通り>ラーメン専門店「日吉天神」が閉店し、沖縄そばと定食の店がオープン(2016年6月9日)

【参考リンク】
「ラーメン 肉を喰らえ!!」時代の紹介(食べログ)


関連スポンサー広告(グーグルから配信)