<神奈川新聞が報道>「相鉄・東急直通線」が3年半延期、用地買収や地盤の問題?

横浜日吉新聞
2016年8月25日(木)付けの神奈川新聞

2016年8月25日(木)付けの神奈川新聞

「相鉄・東急直通線」の開通が現時点の開通予定である2019年4月から3年半ほど遅れ、2022年秋ごろに延期する見通しであると今朝(2016年8月25日)の神奈川新聞が1面トップ記事で報じました。

記事によると、相鉄・JR直通線」(西谷~羽沢~JR線)が現時点の計画から半年遅れの2019年秋となり、相鉄・東急直通線」(羽沢~新横浜~新綱島~日吉)が2022年ごろにずれ込むとしています。

関係者の話として、

・相鉄・JR直通線については、工事をJR貨物線が運転する合間に行っているためはかどらない。

・新駅設置などにともなう用地買収が思うように進まない

・想定よりも地盤が弱く地盤改良などの追加工事が必要となる

の3点を理由に挙げています。

また、建築資材や人件費の高騰、消費税の税率引き上げなどにより、事業費は現在の2739億円から大幅に増加。4000億円を超える見通しであるとも報じています。

相鉄・JR直通線に関しては、2013年4月にも延期が発表されており、今回の延期が事実なら「再延期」ということになります。

なお、記事には「遅れる見通しであることが24日、分かった」とのみ書かれており、詳細な理由は「関係者によると」としていることから、公式発表ではなく、神奈川新聞が独自に取材した記事であるとみられます。現時点(2016年8月25日朝)では他の新聞は報じていません。

記事は神奈川新聞のホームページ「カナロコ」でも全文が無料公開されています。

【関連記事】

<相鉄直通新線の鉄道工事>日吉や綱島周辺で今、何を作っている段階なのか?(2016年8月20日)

<相鉄・東急直通の鉄道新線>日吉・綱島住民なら知っておきたい3つの焦点と展望(2015年5月15日)

【参考リンク】

相鉄の相互直通、再延期へ JRは19年秋、東急は22年ごろ(カナロコ、2016年8月25日2時公開)


関連スポンサー広告(グーグルから配信)