激戦・日吉駅周辺のラーメン専門店、つけ麺の「あびすけ」が味噌の専門店に

横浜日吉新聞
あびすけ
サンロードにある「あびすけ」、よく見ると「味噌専門」の赤い文字が

サンロードにある「あびすけ」、よく見ると「味噌専門」の赤い文字が

日吉駅前の西口商店街には14のラーメン専門店(本紙調べ、一時休業中含む)がひしめく激戦区ですが、そんななかでも著名店の一つが、つけ麺の「あびすけ」(サンロード)です。ところが今年(2016年)5月ごろから店舗をよく見ると「味噌専門」の赤い文字が踊るようになっていました。

先週末、新聞各紙にあびすけのチラシが折り込まれました。それによると、味噌ラーメンづくりにハマった店主が「あまりにウマい味噌ラーメンができあがった」とのことで、一気に味噌ラーメンの専門店に変えてしまったとのことです。

これを機に看板メニューも味噌ラーメン(750円)に変更。同店の特徴であるこってりとしたスープと太い麺は変わりませんが、どこか上品さを感じさせる味噌ラーメンに仕上がっていました。

先週末。新聞各紙に折り込まれた「あびすけ」のチラシ

先週末。新聞各紙に折り込まれた「あびすけ」のチラシ

学生に人気なのは相変わらずですが、なかには60代と思われる男性が「全部入りトッピング」(味卵やチャーシューなど)で注文して平らげている姿も。

一方、同店の看板メニューだった「つけめん」は味噌味に変わったものの健在で、つけ汁を温めるIHヒーターもちゃんと残っていました。「味噌トマトつけめん」というメニューもあって、こちらは女性が注文している様子も見られました。

このところ、日吉駅周辺ではラーメン専門店が閉店したり、他の業種に変わったり、休業に追い込まれたりと若干元気がなかっただけに、あびすけの新たな取り組みに期待したいところです。

これからますます暑くなるシーズン。あびすけを含め、日吉にある14のラーメン専門店(現時点では13店)で夏バテ防止にこってりとした(あっさりとした店もあります)味を楽しんでみてはいかがでしょうか。狭い範囲に14店もあるので移動も楽ですし、お気に入りの味がきっと見つかるはず。夏休みで学生が少なくなる時期なので、今ならいつもより空いているのもメリットです。

■ 日吉駅周辺のラーメン専門店一覧(2016年8月1日現在)
※駅に近い順から掲載、リンクはすべて「食べログ」のページです

<浜銀通り周辺:5店>
日吉大勝軒日の出らーめん日吉店がッとんひよし家麺場ハマトラ日吉店

<中央通り周辺:4店>
壱角家日吉店金太(台湾まぜそば)武蔵家日吉店極楽汁麺らすた

<普通部通り周辺:2店>
銀家日吉店ラーメン肉を喰らえ!!(6月から休業中)

<サンロード周辺:3店>
ラーメンどんあびすけ日吉店柴田商店

【関連記事】

【調査】ラーメン激戦区といわれる日吉、実は店舗数は元住吉と同じだった!(2016年2月23日)

休業中の「でびっと」が閉店、日吉のラーメン店数が元住吉に抜かれる(2016年4月18日)

<中央通り>ラーメン専門店「日吉天神」が閉店し、沖縄そばと定食の店がオープン(2016年6月9日)


関連スポンサー広告(グーグルから配信)