音楽と食事を楽しめる日吉の店が1周年、バンド編成の記念ジャズライブを14日間

横浜日吉新聞
日吉の音楽ファンに親しまれてきた「ワンダーウォール横浜(WWY)」がいよいよ1周年を迎える。日吉駅から徒歩3分程度、浜銀通り「いずみ薬局」下の地下にワンダーウォール横浜はある

日吉の音楽ファンに親しまれてきた「ワンダーウォール横浜(WWY)」がいよいよ1周年を迎える。日吉駅から徒歩3分程度、浜銀通り「いずみ薬局」下の地下にワンダーウォール横浜はある

豪華アーティストも「首都圏で稀有な音響クオリティの店」と絶賛し1周年を祝福――良質な“音の響き”の中、音楽の生演奏や料理を楽しめることで知られる、浜銀通り(バス通り)のWonder Wall Yokohama(ワンダーウォール横浜、略称:WWY)では、2016年6月23日(木)から7月9日(土)まで、「1ST(ファースト)アニバーサリー期間」とし、バンド編成が主体となるライブコンサートを連日開催します。

これは、ワンダーウォール横浜が昨年2015年7月2日(プレオープンは7月1日)に開店してから1周年を迎えることを記念したもので、日吉出身・在住の代表・池田紳一郎(しんいちろう)さんが自ら企画したものです。

ワンダーウォール横浜は、日吉駅から徒歩3分程度と交通も至便、通常は夜18時から、毎日ジャズやカントリーなどの音楽の生演奏や、シェフが振るうイタリアンをベースとした料理も楽しめる「大人の隠れ家」のような雰囲気のお店として知られており、リピーターも含め、「お客様も少しずつ増えてきています」と池田さん。

今回は、1周年を迎えた池田さんと、オープン当初から主にジャズの弾き語りで来客を魅了してきた4人の女性アーティストに特別インタビュー。開店した頃からの想い出や1周年を迎えた心境、今後についても話を聞きました。

 

関連スポンサー広告(グーグルから配信)

日吉生まれ育ちの代表・池田さんがこだわった場所と音響

ワンダーウォール横浜の代表・池田紳一郎さんは、日吉生まれの日吉育ち。サラリーマン時代を経て、老舗ジャズレストランとして有名な六本木サテンドール(東京都港区)で経験を積み、ふるさと日吉に「良質な音楽を」と開業した池田さんの想いは、前回の記事(リンク先をご参照ください)でもお伝えしていますが、再度、1周年を迎えた“想い”についてインタビューをおこなうと、「場所はやはりここで良かったと思っています。日吉駅からも近く、また、近過ぎないことから、人の往来の中、本当に音楽が好きなお客様が足を運んでくれていると思います」と、まずは1年半くらいも日吉中を探しまわった立地については非常に満足している、と語ります。

その月のライブ案内が店頭に掲示されているので、その日のゲストや演奏内容を確認し、安心して入店することができる。特にソロ弾き語り時などはチャージも良心的とアーティスト側からも好評を得ている

その月のライブ案内が店頭に掲示されているので、その日のゲストや演奏内容を確認し、安心して入店することができる。特にソロ弾き語り時などはチャージも良心的とアーティスト側からも好評を得ている

特に、音楽ライブを行うお店として、「音が思っていたより良く、お客様ばかりでなく演奏するアーティスト達にも好評を博しているのが、とても良い点と思っています」と、天井が高く、開放感もあり、また何より音の響きが良い店の構造、音響が、何よりの特長であるといいます。

演奏する4人のミュージシャンをはじめとし、「オープン時からほぼ変わらず登場してくれている、今回紹介する4人のアーティストなど、いつもの馴染みのメンバーが演奏を行い、常連の方からご好評をいただくばかりでなく、そのアーティストのつながりや、地元・日吉の方も含めて、新しいメンバーがどんどん増えてきていることも、お店が賑わう一因となっています」と、特に日吉在住のミュージシャンなどにも口コミでお店の存在が広がり、出演したい、という依頼も、オープン当時よりは随分増えていると池田さん。

今年2016年2月より、イタリアン中心とした料理に腕をふるうシェフの料理も「お食事目的での来店も増えています」とのこと。1ドリンクとチャージのみで夜の時間を楽しめることから、「月替わりメニューにも力を入れており、リピーターのお客様にもご満足いただけるよう、工夫したことから、1人あたりのお客様からの注文をいただく金額も増えています」と、音楽も料理も楽しめる店づくりに力を入れてきた日々を振り返ります。

ワンダーウォール横浜1周年を記念し、豪華バンド陣にて14日間ジャズライブが開催される。日吉ゆかりのアーティストの演奏を聞ける機会も増えてきている

ワンダーウォール横浜1周年を記念し、豪華バンド陣にて14日間ジャズライブが開催される。日吉ゆかりのアーティストの演奏を聞ける機会も増えてきている

ビュッフェスタイルの食事アレンジなども可能な貸し切り利用も好評を博しているといい、オーダーメイドでの利用も増えているとのこと。

今後の夢は、ときくと、「これまでも、随分日吉の知り合い、音楽を好きなお客様にご来店いただいていますが、日吉近郊の音楽を愛する皆さんが、より気軽に集える場所になったなら、と。現在は、実は出演するアーティスト目的に来店される方が7割、地元の方が3割、といったお客様の構成になっているんですが、5対5くらいの比率だと、ちょうど良いと感じています。

六本木サテンドール勤務時代に知り合った一流アーティストはじめ、日吉ゆかりのミュージシャンに登場いただく機会も大変増えています。ぜひ、まずは一度、この「隠れ家的」なお店に足を運んでいただき、お店の魅力、お料理の魅力、アーティストの魅力を日々感じていただけたなら」と、池田さんは、この豪華な1周年ライブ企画への来場を呼び掛けています。

ワンダーウォール横浜を支える“4人”のジャズ・シンガーの声

今回、昨年7月のオープン時からワンダーウォール横浜を支えてきた4人のジャズ中心のピアノ弾き語りを行う4人のシンガーにインタビューすると、「音響がとにかく素晴らしく、首都圏でもここまで響きが良いお店は珍しい」との回答が、全員から戻ってきました。

東京ドームこけら落とし公演にも出演!「このお店の未来を確信しています」と小泉明子さん

「アーティストが誰も出たがる東京・吉祥寺の40年以上の歴史を持つ老舗ジャズクラブ『サムタイム』(東京都武蔵野市)にも負けないくらいの雰囲気・音響なのではないかしら」と語るのは、1988年の東京ドームのこけら落としの際、世間の大注目を集めた美空ひばりコンサートにも出演した輝ける経歴を持つ、ジャズピアノ・ボーカルの小泉明子(あきこ)さん。

小泉明子さん(リンクは公式サイトプロフィール)は東京都品川区在住。日吉の街は「放射線になっていて、分かりやすいですね。日吉でジャズフェスタを将来的にやれたら素敵ですね」と夢を語ります(写真:ワンダーウォール横浜提供)

小泉明子さん(リンクは公式サイト)は東京都品川区在住。日吉の街は「放射線になっていて、分かりやすいですね。日吉でジャズフェスタを将来的にやれたら素敵ですね」と夢を語ります(写真:ワンダーウォール横浜提供)

オープン当時は「もちろん、このお店ではゼロからのスタートだったので、お客様を呼べない、またお客様が少ないこともありました。(代表の)池田さんは、それでも根気強く使ってくれて・・・。徐々に、お客様も増えてきたんです。池田さんのお客様とのコミュニケーション力もものすごく、とても良いお店なので、私も、いろいろな方にこのお店を紹介したくなってしまうんです」と、開店当時の苦労、そしてこのお店の魅力についても語ります。

元々、アーティストつながりがきっかけでこのワンダーウォール横浜に出演することになった小泉さん。「もっともっと地元の方、特に近所の方にはこのお店について知ってもらいたい、と思っています。私自身、お客様に声かけをさせていただだいて、“また、来ようかな”とリピーターになってくださることも多いので、着実にお客様は増えています。このお店が何年も続き、発展するのを確信しているんです」。

1周年記念イベントについては、7月5日(火)19時45分、21時30分より、八尋洋一さん(ベース)、藤橋万記さん(パーカッション)、浅田尚美さん(ボーカル)を招いた豪華ゲスト陣によるスペシャル・ライブを開催。「若手パーカッションの藤橋さんを、鉄板のようにアツアツの実力派ミュージシャンが盛り上げます」と意気込みを語ってくれました。

東京の離島「青ヶ島ライブ」が励みに。華やかさと柔らかさが魅力の吉光寺智子さん

次は、やはりオープン時よりワンダーウォール横浜を支える吉光寺智子(きっこうじともこ)さんです。スタンダードジャズばかりでなく、親しみやすい流行の曲をも華やかさと柔らかさを交え表現する吉光寺さんは、やはり「人を介した偶然の出会いが縁で」ここで出演することになったといいます。

吉光寺智子さん(リンクは公式サイト)は東京都世田谷区在住。日吉については「華やかでアットホーム。商店街でそう感じます。ジャズフェスティバルやプロムナードジャズなどのイベント、スポーツやダンスなど、他ジャンルとのコラボなども将来的に行えたなら素敵ですね」と想いを語ります(写真:ワンダーウォール横浜提供)

吉光寺智子さん(リンクは公式サイト)は東京都世田谷区在住。日吉については「華やかでアットホーム。商店街でそう感じます。ジャズフェスティバルやプロムナードジャズなどのイベント、スポーツやダンスなど、他ジャンルとのコラボなども将来的に行えたなら素敵ですね」と想いを語ります(写真:ワンダーウォール横浜提供)

「とにかく音が良いので」来た方が“百発百中で”ご満足くださるんです、本当に“行ってみたい”ライブ会場なんです、と、多くのアーティスト同様、この店の音響を絶賛します。

この店は「音楽が何よりメイン」との事で、「よく、ジャズ・レストランというと、レストランがメインで、ジャズは後回し、商談や歓談のついでに聴き流されてしまうようなことも多いのですが、ここは違って、お客様が真剣に音楽を聞いてくださり、私語も全くないんです。いつも、真剣勝負。ちゃんと組み立ててないと、ライブができない。レストランバー、というよりは、ちゃんとした“ライブハウス”のような場所なんです」と、この店でいかに音作り・表現に真剣勝負で挑んでいるか、ということについて、熱く語ります。

吉光寺さんのアーティストとしての転機は、2006年に招かれて訪れたという、東京の離島・青ヶ島でのソロライブ。「飛行機も、八丈島からのヘリコプターも、欠航寸前、それでもなんとか辿りついたという場所でした。小さな青ヶ島小中学校の講堂で、ピアノを弾き語りしたんです。たった一人で、こんなに遠い場所で、人口が200人にも満たない小さな村のたくさんの方が集まってくださったんです。日本のどこかで、私を待っていてくれる人たちがいる。これはとても大きな自信になりました。青ヶ島は、とてもきれいなところでした」。

1周年記念ライブは、1年前にプレ・オープン日となった7月1日(金)19時40分、21時10分より、JeffCurryさん(ベース)、安藤正則さん(ドラム)、里見紀子さん(バイオリン)を招いた華やかな構成になるようで、「“すごい”実力派が集まります。日頃、一緒に演奏しているので、アットホームさも感じていただけます。豪華な布陣です」と、当日の来場を吉光寺さんは呼び掛けます。

“ブルース感漂う個性的なハスキーヴォイス”重厚な声の魅力に圧倒、赤坂由香利さん

“実力派”と評される赤坂由香利さん。チャーミングな出で立ちと声色(こわいろ)で登場。「赤坂さんの魅力は、聴いてみなければわからない」と、ワンダーウォール横浜代表の池田さんもいうように、どんな言葉が聞けるのかとこのお店について聞いてみると「こういうお店が私の家の近くにあったなら、毎日行ってしまう気がします」と、高音、小さめの柔らかな口調で語ります。

赤坂由香利さん(リンクは公式サイト)は東京都大田区在住。日吉については「色々なお店があって楽しい街。甘いものが大好きで、マックやミスド、亀屋万年堂が駅前に並んでいるだけでノックアウトされてしまいます。将来はワンダーウォール横浜がスポンサーとなり、地元のお祭りや広場などでジャズイベントやライブを開催できたら素敵ですね」と笑って答えてくれました(写真:ワンダーウォール横浜提供)

赤坂由香利さん(リンクは公式サイト)は東京都大田区在住。日吉については「色々なお店があって楽しい街。甘いものが大好きで、マックやミスド、亀屋万年堂が駅前に並んでいるだけでノックアウトされてしまいます。将来はワンダーウォール横浜がスポンサーとなり、地元のお祭りや広場などでジャズイベントやライブを開催できたら素敵ですね」と笑って答えてくれました(写真:ワンダーウォール横浜提供)

ご自身の経歴で大切なところは、と聞くと「全てが大切でした」という赤坂さん。ワンダーウォール横浜の魅力については「とにかく音響がナチュラルで良いんです。1度来たら、絶対気に入ってしまう。隠れ家的なところも素敵なんです。これは、この店がオープンしてから全く変わらないところです」と力強くプッシュします。

この店に出演するきっかけは「(やはり)人の紹介です。長くて話きれないほどの理由が」と、秘めた想いを日頃から抱えているかのような赤坂さんのライブが始まると、“ブルース感漂う個性的なハスキーヴォイス”と、アメリカの著名なジャズ・ピアニストのレイ・ブライアントさん(2011年没)も称賛(赤坂由香利プロフィール:公式サイトより)したという、深みと重厚さがある切なさをも感じさせる独特の歌声が響きます。

1周年記念ライブは7月6日(水)19時45分、21時30分より、村谷(むらや)ゆうすけさん(ベース)、吉尾公弘(よしおきみひろ)さん(ドラム)を招き、トリオ編成で演奏。「ソロとは違う雰囲気、曲目になりますのでご期待ください」と赤坂さん。「ワンダーウォール横浜の池田さんとは、ずっと一緒にやってゆけたら、とも思っています。3周年、5周年、そして10周年と、一緒にお祝いできたなら」と、はにかんだ笑顔で語ります。

ご近所に住んでいて、ここから歩いて帰れるお客様が多いんです」という赤坂さんのファンは、着実にここ日吉周辺でも増えている様子。1周年ライブで新たな赤坂さんに出会えるのかに注目が集まります。

「弾き語り」はここが発祥、ラジオにも出演!自身で作詞作曲したCDも人気の田口理恵さん

「ピアノ弾き語り」をメインに活動してきたこれまでの3名とは異なり「元々はボーカリストでした」という田口理恵さん。音楽大学のピアノ科を卒業し、元々ホテルのラウンジやレストランなどでピアニストとして活躍するかたわら、「ボーカリストとしてライブハウスで歌っていました」と、明るい笑顔でこれまでの経歴を語ります。

田口理恵さん(リンクは公式サイト)は、東京都大田区在住。よく近辺で日吉の習い事案内などのチラシも見かけるとのことで、「ぜひ日吉でピアノやボーカルを教えたりする活動もできたら嬉しいです」との夢を語ってくれました(写真:ワンダーウォール横浜提供)

田口理恵さん(リンクは公式サイト)は、東京都大田区在住。よく近辺で日吉の習い事案内などのチラシも見かけるとのことで、「ぜひ日吉でピアノやボーカルを教えたりする活動もできたら嬉しいです」との夢を語ってくれました(写真:ワンダーウォール横浜提供)

実は、ワンダーウォール横浜代表の池田さんとは、老舗ジャズクラブの「六本木サテンドール(池田さんの前職場)での同期生なんです」と、お互いが、アーティストと従業員、立場は違えど、初めて六本木サテンドールで出会った日から今日まで続いているという田口さん。当時はやはりボーカリストとして活動していたものの、ワンダーウォール横浜のオープンを聞き、「ここでピアノの弾き語りにトライすることにしたんです」と、田口さんにとっての弾き語りが、このワンダーウォール横浜で本格的に行うきっかけになったといいます。

もちろん、日々のチャレンジにドキドキだったといいますが、「オープンから半年くらい経ったら“変わったね”と言ってくださるファンの方が多くなりまして」と、弾き語りについても自信になったとのことで、「今では弾き語りを増やしていきたいと思っていますが、やはりここワンダーウォールが横浜が弾き語りでは“本拠地”ですので、ここでしか見られない表情や声色をここでは楽しんでいただけると思います」と田口さんはこれまでの歩みを懐かしそうに語ります。

特に最近では、ラジオ初出演(渋谷クロスFM:2016年6月15日※リンクは田口理恵のブログ)も果たし、また初のフルアルバム「The Gift」も今年2016年2月に新発売したばかりと大活躍の田口さん。「全15曲のうち、多くは英語でのジャズ・スタンダードなのですが、4曲は自分で作詞・作曲した日本のポップス曲なんです。ぜひ、CDも併せ聞いていただけたなら、本当に嬉しいです」と、田口さんならではの世界を堪能できる機会を意欲的に作りだしています。

そんな田口さんの1周年記念ライブは、まさにワンダーウォール横浜が1年前に正式オープンした7月2日(土)19時40分、21時10分より、大塚義将さん(ベース)、横山和明さん(ドラム)、多田誠司さん(アルトサックス、フルート)を招いた編成で臨みます。

ジャズ界のトップミュージシャンをお招きしています。ぜひ、多くの皆さんにお聞きいただき、一緒に1周年を祝うことができたなら嬉しいです」と、多くの来場を呼び掛けています。

7月18日(月・祝)ジャズ・フォーキッズ第2弾!初のディナー

生演奏の音楽をふと聴きたくなった時、ぶらり一人でも立ち寄れそうな雰囲気の入口

生演奏の音楽をふと聴きたくなった時、ぶらり一人でも立ち寄れそうな雰囲気の入口

ワンダーウォール横浜の1周年記念ライブ「1ST(ファースト)アニバーサリー期間」は、2016年6月23日(木)から7月9日(土)まで。今回の4名のアーティストのゲストライブはミュージックチャージ(MC)2500円(税込)1ドリンク以上のオーダー要、演奏回毎の入れ替えはありません。人気公演は満席も予想されますので、予約すれば安心です。(直接店舗にお問い合わせください)

ライブイベントの内容詳細は、下記参考リンクをご参照ください。

<営業時間>月〜木・土曜日: 18時~25時、金曜日:18時~26時、定休日 : 日曜日・祝日

※上記日時以外での貸し切り利用等も相談可能です。

ワンダーウォール横浜「ジャズ・フォーキッズ」第2回開催!~2016年7月18日(月・祝)に、ランチタイム、ディナータイムにも初開催が決定しました。詳細は、下記の「関連記事」もご参照ください。

【関連記事】

浜銀通りで生演奏を楽しめるワンダーウォール、3/19(土)に初の親子ランチコンサート(2016年3月3日)

【参考リンク】

Wonder Wall Yokohama(ワンダーウォール横浜)ホームページ

Wonder Wall Yokohama(ワンダーウォール横浜)2016年6月の予定

Wonder Wall Yokohama(ワンダーウォール横浜)2016年7月の予定

Wonder Wall Yokohama(ワンダーウォール横浜)予約案内

Wonder Wall Yokohama(ワンダーウォール横浜)アクセス・営業案内

(提供:ワンダーウォール横浜)


関連スポンサー広告(グーグルから配信)