日吉と綱島で3保育園を展開する「グローバルキッズ」、3/18(金)に上場へ

横浜日吉新聞
グローバルキッズのホームページ

グローバルキッズのホームページ

日吉と綱島で3つの認可保育所「グローバルキッズ」を開設しているグローバルグループ(東京都千代田区)は、2016年3月18日(金)に東京証券取引所のベンチャー企業向けの株式市場である「マザーズ」に上場することが決まりました。2006年に東京都足立区の六町(ろくちょう=つくばエクスプレス)駅前に第1号の認証保育所を設けて以来、約10年で74の保育施設と10の学童クラブなどを運営し、年間売上は前年比48%増となる70億円(2015年9月期)に迫る成長ぶりを見せています。

今回上場するグローバルグループは、1000人超の従業員(うち約450人が非正社員)が働くグローバルキッズの経営部分を担当する持ち株会社で、社長はいずれも創業者である中正(なかしょう)雄一氏がつとめています。

中正社長は1972年5月生まれの43歳、明治大学を卒業後、関西本拠のパン製造チェーンである神戸屋に入社。2003年2月に東京都立川市や足立区で保育所を運営する有限会社エーワンに転職したのち、2006年に自ら認証保育所を立ち上げたのを機に、グローバルキッズの名で東京や神奈川で保育所を幅広く展開してきました。

2013年には日吉1丁目に「グローバルキッズ日吉園」をオープンさせている

2013年には日吉1丁目に「グローバルキッズ日吉園」をオープンさせている

2009年に横浜市へ進出し、翌2010年4月には横浜市の認可保育所としては3カ所目となる「グローバルキッズ日吉園」を日吉1丁目に開園。2013年4月には「グローバルキッズ綱島園」(綱島東4)と「グローバルキッズ下田町園」(下田町3)を相次いでオープンさせました。2015年4月には川崎市の認可保育所としては初となる「グローバルキッズ武蔵小杉園」を大型商業施設「グランツリー武蔵小杉」の3階に開園しています。

現在では都内と神奈川県を中心に74の保育施設を運営しており、今回の上場で資金調達を行った後は、今後も積極的に保育所をオープンさせていくといいます。日吉や綱島でも、さらに保育園を新設することはあるのでしょうか。グローバルグループの動向に注目です。

【参考リンク】

株式会社グローバルキッズ

グローバルグループPDF、東京証券取引所に提出された新規上場のための有価証券報告書※若干重いです)


関連スポンサー広告(グーグルから配信)