東急電鉄が3/26(土)にダイヤ改正、日吉・綱島駅では大きな変化なし

横浜日吉新聞
今回の改正では土日祝日に8両編成で運転されている急行の一部が10両編成となる(綱島駅で撮影)

今回の改正では土日祝日に8両編成で運転されている東横線急行の一部が10両編成に変わるという(綱島駅で撮影)

東急電鉄の2016年3月26日(土)に実施するダイヤ改正は、日吉と綱島の両駅では小幅な変化になることがわかりました。東横線では平日の渋谷発23時台の急行菊名行き1本を元町・中華街まで運転区間延長するほか、土休日に現在8両編成で運転している急行の一部を10両編成に変更するとしています。

目黒線は各線の時刻変更に伴って、接続などを考慮して一部列車の発着時刻が変更される予定です。

ダイヤ改正後の時刻を掲載した「東急線電車時刻表」(税込300円)は3月19日に発売される

ダイヤ改正後の時刻を掲載した「東急線電車時刻表」(税込300円)は3月19日に発売される

一方、「特急」が停車しない日吉と綱島には直接的な関係はありませんが、ダイヤ改正後には、東武東上線や西武有楽町線・池袋線へ直通する東横線の特急には「Fライナー」との愛称が付けられることになります。

これまで東武東上線への乗り入れ列車は、すべて同線内で各駅停車にしかなりませんでしたが、改正後には東横線や副都心線からの直通急行も誕生し、乗り入れ各社間の速達性が向上することにともなうものです。なお、日吉駅に停車する「通勤特急」に関しては、Fライナーの愛称は付きません

東京メトロ副都心線も同じ日にダイヤ改正を予定しています。朝夕のラッシュ時間帯に限り、副都心線の「急行」は「通勤急行」として統一されることになりました。通勤急行は、これまでと同様に明治神宮前(原宿)駅は通過し、渋谷から池袋の間は、新宿三丁目のみの停車となります。

一方、副都心線の「急行」は明治神宮前(原宿)駅に平日も含め、終日停車する形に変更されます。

【関連記事】
<2016年春ダイヤ改正>副都心線の明治神宮前(原宿)駅、日中は急行停車へ(2015年12月20日)

【参考リンク】
3月26日(土)東急線全線でダイヤ改正を実施(東急電鉄、2016年2月25日)


関連スポンサー広告(グーグルから配信)